夫婦それぞれ、色んなきっかけや理由から”離婚”という言葉が頭をよぎったことがあるのではないでしょうか。

浮気、親との同居、子供の事、お金の事、様々な事から口論になったり、あなたの気持ちを分かってくれず喧嘩になってしまったり辛い思いをしてる方が世の中にはたくさんいます。

しかし”離婚”するためには相当な覚悟が必要です。

  • 浮気をされたけど子供のために離婚したくない
  • 急に旦那から離婚したいと言われたけど決心できない
  • 浮気されたけど旦那への気持ちは冷めていない

など、このような気持ちで旦那と離婚をするのは簡単なことではありません。

そこで今回は、旦那と離婚したくない方のあなたがどうするべきなのか、逆にしてはいけないことは何なのかをまとめました。

少しでも参考になれば嬉しいです。

旦那に浮気されたけど離婚はしたくない

旦那と縁があり、出会い、結婚。自分で選んだ旦那が浮気(不貞)をしても添い遂げようと離婚をしたくない人もいます。

この記事を読んているということは、あなたもその一人なのかもしれません。

浮気を許す許さないではありませんが、夫婦の数だけ違う形があります。育ち方や考え方、捉え方と様々です。離婚をするのが正解なのか不正解なのかはその夫婦にしかわからない事ですよね。

離婚せずに浮気問題を円満解決したいと思っている方はこちらの記事を参考にしてみてください。

参考離婚せずに浮気問題を円満解決するには!?

離婚をしないと決めたのであれば、旦那や浮気相手の方としっかり話をすることが大切です。

離婚したくないけど、浮気相手に慰謝料を請求したい

浮気の問題は旦那だけではなく浮気相手にもあります。あなたの受けた精神的ダメージを慰謝料という形で償ってもらいたいと考えるのはおかしなことではありません。

しかし、慰謝料請求をするためには条件があります。確実に慰謝料請求したい方はこちらの記事で詳しく知ることができますので是非読んでみてください。

参考慰謝料請求を考えている方必見!慰謝料を貰えうためには条件があります

”無知は罪”。知らなかったことで損をするなんてもったいないので、どうしたら浮気相手に慰謝料請求できるのか知ることが大切です。

子どものためにも離婚したくない

旦那に浮気をされて愛情がなくなってしまっても、子供がいると中々離婚に踏み切るのは難しいですよね。「旦那との離婚を回避しつつ浮気問題を解決できれば・・。」子供のいる家庭であればそう考えるのが普通なのかもしれません。

子供のことを第一に考え、離婚したくない方はこちらの記事を参考にしてみてください。

参考浮気されたけど・・子どものためにも離婚はしたくない

離婚をしないのであれば、尚更証拠や情報をしっかりと集めることが大切です。

浮気した旦那から離婚を告げられたが離婚したくない

残念ながら、浮気をしておいて「離婚してくれ」と勝手なことを言う旦那が世の中にはいます。離婚したくない場合は、必ず「離婚に応じない」と決意することが大切です。

中には夫が威圧的に離婚を迫ったり、あなたの人格を否定したり暴言を吐いたりします。そのこともあって、自分の気持ちが固まらないまま離婚に合意してしまう人もいるのです。

離婚の意思がないのに勢いで離婚届にハンコを押してしまった場合や、勝手に離婚届を出された場合には対処法があります。

それは”離婚届の不受理申出”というものになります、市役所へ提出することで一方的な離婚成立を防ぐことができます。離婚届が受理されることはありません。

旦那のペースに乗せられて離婚を決断することがないようにしましょう。

離婚したくない場合にしてはいけない6つのこと

突然浮気してた旦那から”離婚”を告げられてしまい、急なことでパニックになるかもしれません。

しかし、そんなときだからこそまずは落ち着きましょう。そして離婚を切り出された場合、絶対にしてはいけない6つのポイントがあります。

1. 離婚届に記入しない

離婚したくないのに、威圧的に迫られたり、離婚する気持ちがないのにサインするのは絶対にいけません。

もし離婚届にサインをしたり、勝手に出された場合は市役所へ行き”離婚届の不受理申出”をしましょう。

離婚届けの不受理申出とはどんなものか

夫婦の一方が勝手に離婚届を役所に提出した場合、このような不正な行為を防止するために、”離婚届不受理申出”という制度があります。

この”離婚届不受理申出”は、市役所で書類が入手できます。書き方などは直接窓口へ行けば教えてくれます。

郵送での提出も可能ですが、その場合は本人による不受理申出であることを証明する公正証書や、公証人による認証された私署証書を同時に提出する必要があり、面倒なので市役所へ行くことをおすすめします。

2. 離婚したい理由を追究しない

浮気をしていたにも関わらず、自分から離婚を切り出す旦那は少なくありません。そして浮気してたのに自分が悪くならないよう、あなたのせいにします。

しかし、浮気や不倫の証拠がない状態で離婚したい理由を追究するのは絶対にしてはいけません。証拠がないのにただ離婚したい理由を追究しても、強気でいる旦那は不快になり離婚への気持ちを加速させてしまうリスクを高めてしまいます。

まずは浮気をした確実な証拠を手に入れましょう。それから追及するのが得策です。

3. 絶対に別居はしない

離婚を切り出されてしまったからと、安易に旦那と別居するのは大変危険です。

別居をすることは夫婦関係破綻の原因のひとつになります。そして別居が長くなると夫婦関係の修復が難しくなる可能性もあり、夫婦関係の破綻と認められてしまう可能性が高くなるのです。

離婚したい方なら別居はおすすめですが、離婚したくないのであれば、絶対に別居してはいけません。

4. 暴力を振るわない。暴言を吐かない。

稀にあることですが、あなたによる旦那への暴力や暴言行為です。

夫婦関係が緊張している中、旦那への暴力や汚い言葉遣いをすることは辞めましょう。旦那からボイスレコーダーで録音や盗聴されている可能性もあります。

旦那の浮気の証拠を掴んでいても、それが原因であなたが不利になってしまうこともありますので、注意してください。

5. 一人で悩まない

自分の家族や友人に相談しずらく、一人で思い悩んで辛い思いをしている方が大変多いです。

浮気を切り出され、誰にも相談できず精神病になる方もいます。夫婦の問題なので知られたくない、でもどうしたらいいのかわからないと思っている方は、無料で相談にのってくれる探偵事務所がおすすめです。

まずは無料相談をしてみませんか?必ずあなたの支えになってくれること間違いありません。

6. 家族や友達、周りには話さない

「え、どうして?家族もダメなの!?」と思うかもしれませんが、家族でさえ相談することはおすすめできません。

旦那の浮気や不倫、離婚を切り出されてしまった場合、誰か信頼できる人に相談したいと考えるのが普通ですよね。

相談すること自体は悪い事ではありません。しかし、周りにその話が漏れたらどうしますか?自分の身内に話をして、揉めてしまった場合どうしますか?旦那の耳に入ってしまったらどうしますか?

そうならないためにも探偵事務所や弁護士など専門家以外の人に相談するのはやめましょう。専門家であれば守秘義務があるので安心です。

参考夫の浮気問題は、探偵社に相談するのが賢い選択!

離婚しないためにすべき5つのこと

離婚しないためにも、少し我慢をし、努力をすることで回避ができる事もあります。では離婚しないためもどうしたらいいのか。あなたがすべきことを5つ紹介します。

1. 浮気の確実な証拠を集めておく

まずは旦那が浮気をした確実な証拠を手に入れましょう。証拠を手に入れるだけで、旦那との話し合いがスムーズになるのです。

証拠がない状態で話し合いをすると、旦那が逆切れをしたり話し合いができなくなる場合があります。落ち着いて話し合うためにもまずは証拠を掴んでから、言い逃れができないようにしましょう。

参考浮気は証拠がすべて!どんな証拠が有効なのか?

2. 旦那と冷静に話し合う

上記でも述べましたが、まずは証拠を集めてから旦那と冷静に話し合うようにしましょう。

旦那は浮気の証拠がないと思っている以上、強気な態度を取る能性があります。あなたの立場が少しでも有利になり、離婚を回避できるよう、言い逃れができない証拠を集めましょう。

自分でできる証拠集めもありますが、自分でするにはリスクが高く危険です。できるだけプロの探偵事務所に依頼することをおすすめします。

「探偵事務所への依頼はお金がかかりそう」と思っている方も、調査費用を抑える方法があるので安心してください。

参考自分でもできる浮気調査の方法とは

参考浮気調査なら探偵事務所がおすすめで最強と言える3つの理由

3. 旦那に感謝を伝える

旦那と一緒に長い時間過ごしていると、旦那の嫌な所が目につき中々良い所が印象に残らなくなってきます。

一度旦那を見つめ直し、素直な気持ちで「いつもありがとう」と感謝の気持ちを言ってみましょう。素直に感謝され、嫌な旦那はいないと思います。

4. 家事をしっかりとこなす

仕事や家事、子育ての両立はとても難しい事だと思います。

しかしそれが中々できないからこそ、やるべきことをきちんとすることも大事です。洗濯しない、家事もしない、など見られていては話し合いをしても言い返されてしまいます。

まずは自分もきちんとするべき事をしているのか、自分を見つめ直すことも大切です。

仕事をしている女性も同じですが、男性は仕事が終わって帰宅し、落ち着ける空間が家にある、暖かいご飯や晩酌ができる環境があることはとても嬉しい事なのです。大変な事ですが頑張ってみましょう。

5. 旦那を大切にする

旦那の立場を立て、旦那にとって居心地のいい場所を作ることも浮気を回避するための一つの方法です。

自分ができる範囲で、旦那のためにできる事はないか改めて考えてみましょう。思い浮かんだら実践することで変わることもあります。

まずは浮気の証拠を掴むことが大切

浮気をしている旦那は、大体浮気をしている証拠を持っていないから強気になり、色んな事をあなたのせいにして離婚しようとします。自分の立場を少しでも悪くしないためです。

浮気されたのに自分のせいにされたらたまったものではありません。そうならないためにもまずは、確実な浮気の証拠を手に入れる事が大切です。

確実な浮気の証拠があれば、旦那との話合いや、浮気相手に慰謝料を請求したり、浮気相手と別れる、夫婦関係を修復できたり、色々な対策がとれるようになります。

まずは無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

離婚しないためにも、まずはあなたが有利になるようできること、することがあります。

この記事を参考にし、離婚しないよう少しでも力になれたらと思います。

【浮気調査.com】徹底比較!探偵事務所おすすめ人気ランキングはこちら