旦那の浮気を知り、離婚を考えている方は慰謝料を貰いたいと思いますよね。

しかし旦那が浮気をしたからといって、必ずしも慰謝料を貰えるとは限りません。場合によっては、慰謝料を請求することすら出来ないこともあるのです。

裏切り行為をした旦那から慰謝料も貰えず、ただ離婚をするなんて浮気をされたあなたからしたら考えられないことだと思います。

そんな事態にならないよう、ここではしっかりと慰謝料を貰って離婚をするための条件をお伝えしたいと思います。

慰謝料の種類

あまり知られていないのですが、慰謝料には大きく分けて二種類あります。
「離婚原因慰謝料」「離婚自体慰謝料」です。

離婚原因慰謝料とは

相手の行なった行為(不貞行為や暴力行為)によって受けた精神的苦痛に対する慰謝料

離婚自体慰謝料とは

離婚により配偶者の地位が失われ、それによって受けた精神的苦痛に対する慰謝料

これらの種類や内容によって、慰謝料の金額が異なってくるのです。

慰謝料をしっかりもらう為の条件

浮気が原因で慰謝料を請求するには、それを裏付ける証拠がとても大切になってきます。旦那が浮気を確実にしているという状況でも、証拠がなければ慰謝料を請求する事が出来ないのです。

確実な証拠を掴み、立証することで確実に慰謝料が貰えるのです。では確実な証拠とは具体的にどのような物なのでしょうか?

証拠の具体的な例

  • ラブホテルなどの出入りの写真
  • このラブホテルへの出入りの写真が1番重要です。この写真は何より1番強い証拠になります。

  • 浮気相手とのメールや手紙のやり取りの記録
  • とくに肉体関係があったと推測できる内容は証拠として強みになります。

  • ホテルの領収書
  • 写真と同日の領収書だとより良い証拠になります。

  • 旦那もしくは浮気相手が浮気の事実を認めた録音
  • もし旦那や浮気相手に浮気の事実を問い詰めるのであれば、事前に録音機などを用意してから問い詰めるようにしましょう。後日、浮気の事実を否定された時に役に立ちます。

  • 行動(ホテルへの出入り)の報告書
  • 探偵事務所に依頼した際は、後々報告書を貰うことが出来ます。報告書には細かい時刻と写真が記載されています。

これらの証拠があれば確実に慰謝料を貰うことができます。

逆に言えばこれらの証拠がなく、旦那や浮気相手が浮気の事実を認めず、一線を超えてないと言えば浮気の立証はむずかしくなってしまうのです。

浮気の証拠が揃わなかったために、慰謝料を請求することができなかったという事例もあるので注意しましょう。

浮気が原因で離婚を考えるのであれば、まず焦って行動せずに証拠集めから始めるようにしましょう。

しかし、証拠集めは慎重に行うようにしてください。万が一旦那にそのことがばれれば、警戒心を強めてしまい証拠を掴むことがより困難になります。

また、行き過ぎた自己調査は場合によっては違法性のあるものになってしまいます。十分注意してください。

参考自分でもできる違法にならない浮気調査の方法

浮気調査のプロに相談を!

自己調査と違い費用がかかってしまいますが、確実に証拠を掴んでくれるプロがいます。それが探偵事務所です。

探偵事務所への浮気調査依頼は非常に多く、旦那にばれずに調査するのはもちろんのこと、慰謝料請求や離婚裁判でも使える報告書の作成もしてくれます。

探偵事務所への相談は無料ですので、慰謝料請求と離婚のために確実な証拠を掴みたいか方は一度検討してみてはいかがでしょうか?

【浮気調査.com】徹底比較!探偵事務所おすすめ人気ランキングはこちら

浮気相手に慰謝料を請求する条件

浮気相手に慰謝料を請求するには、2つの条件が必要です。
先ほどの「確実な浮気の証拠」は、この条件を満たすための「証拠」というわけです。

  1. 浮気相手に「故意、過失」がある
  2. 不貞行為によって自分が「権利の侵害」を受けた

1. 「故意、過失」とは

故意、過失とは相手が既婚者であることを知りながら肉体関係を持った場合や、既婚者と気付く状況にあるにも関わらず肉体関係を結んだ事をいいます。

また、既婚者と知っていたが、婚姻関係が破綻したと勘違いをして、注意していれば婚姻関係が破綻していなかった事に気付くはずの状況で肉体関係を持った場合も指します。

出会い系サイトなどで知り合い、相手の素性を全く知らないで肉体関係を結んだ場合は、故意、過失に当てはまらない場合もあります。

2. 権利の侵害とは

これは浮気相手の不貞行為により、今まで上手くいっていた夫婦関係が破綻して離婚に繋がってしまった場合や、浮気相手と自分の旦那が肉体関係に至ってはいなかったが、親密な交際をしていたせいで夫婦関係が破綻してしまった場合を指します。

もともと夫婦関係が破綻していて、別居をしている場合や共同生活が成り立っていない場合は、権利の侵害に当てはまらないので気をつけましょう。

浮気相手に慰謝料を請求できない場合

浮気相手に慰謝料を請求することができない場合もあります。

  • すでに精神的な損害を補う十分な慰謝料を受け取っている
  • これは旦那からすでに、十分な慰謝料を支払って貰っていると判断された場合です。

  • 時効が過ぎてしまった場合
  • 慰謝料請求には時効があります。不貞行為の事実、及び浮気相手を知った時点から3年を過ぎてしまうと、慰謝料を請求することができなくなってしまいます。

この2つの条件に当てはまると慰謝料がもらえなくなってしまうので注意しましょう。

理想的な離婚に向けて

離婚をするには、体力的にも精神的にも大きな負担がかかります。浮気をされて別れる場合は、通常の離婚に比べて更にダメージを負ってしまうのです。

離婚をするのは大変な事ですが、精神的苦痛に対する慰謝料をしっかりと貰ってから別れるようにしましょう。