浮気調査を探偵に依頼するのは気が引ける・・・

そのように感じている人は多く、決してあなた一人が感じていることではありません。浮気調査に対して不安を感じるのは仕方のないことですし、依頼するにはそれなりのお金が必要になります。

そして、そのこともあって、浮気の証拠を自分で掴もうと考える人がとても多いのです。しかしその方法や知識がない場合は、逆に訴えられてしまう可能性があります。

では、どのように浮気調査をすればいいのでしょうか。ここでは、自分で浮気調査をする際の注意点などにも触れながら、その方法を紹介したいと思います。

参考浮気調査グッズ・アイテムを使って事前調査

体験談自分で浮気調査をしました。実際にしたことをお伝えします

自分でできる浮気調査

自分でできる浮気調査がありますが、それが浮気の証拠として確実な物になる可能性はかなり低いです。しかし自分で掴んだ浮気の証拠を無駄になることはありません。

プロの探偵事務所に依頼をすることで、その証拠をもとに確実な浮気の証拠を掴んでくれます。調査費用も抑えられて一石二鳥となるのです。

冒頭でお伝えしたように、違法にならない自分で出来る浮気調査の方法や知識を紹介します。

相手の仕草や言動に注意

「もしかして浮気・・・?」と感じるのは、やはりパートナーの行動から分かってしまうものでしょう。それぐらい、心と行動は関連性が高いのです。

何か不自然な行動があったり、今までと明らかに様子がおかしい場合は、そのことをこまめに手帳などで記録しておくことをおすすめします。

例えば、「今までは将来の話をよくしていたのに、最近めっきりしなくなった」などですね。そういったことから浮気の疑惑は出てきますし、そこから浮気の証拠になるようなものが見つかることもあります。

手帳に細かく記録することで、旦那の行動パターンや離婚する際、重要な証拠の一部になります。保管場所も旦那に見られないようにも気をつけましょう。

財布の中

勘の良い人は分かると思うのですが、財布の中で確認するものは“領収書”です。普段行かないようなお店の領収書などがあれば携帯カメラなどで撮影しておくと良いでしょう。

さすがに無いとは思いますが、ホテルに泊まった際の領収書などがあれば要チェックです。

また勝手に見る事は違法になる可能性があります。窃盗罪や窃盗未遂になる場合がありますので、抜き取ったりせず、証拠のもとになると考えておきましょう。

また、持っているクレジットカードの種類も確認しておく事もオススメです。用心深い人は、浮気がばれないように新しくクレジットカードを作成している場合があります。

どのような種類のものを何枚持っているか、自分の把握できていないクレジットカードが見つかれば浮気の可能性が高まりますので、決して旦那に追及せず手帳などに書き留めておきましょう。

クレジットカードの明細

先ほどの財布と同じですが、明細にも浮気の証拠になるものは隠れています。普段使わないようなお店での使用履歴などがないか確かめてみましょう。

またETCカードの明細記録も残っている可能性があります。高速道路を使った日をメモしておくと、カーナビ履歴との照らし合わせなどができます。

こちらも証拠の一部や証拠のもとになりますので、必ず手帳などに書き留めておきましょう。

車の中

車の助手席は要チェックです。

ヘッドレストの髪の毛やシートの位置など、他の人が乗ったことが分かる可能性があります。髪の毛は人それぞれに特徴があるものなので、もし見つかればこっそり持っておくと良いでしょう。

参考車の中は浮気の証拠だらけ!旦那の浮気が怪しいときの車両チェックポイント

パソコンの中

インターネットの検索履歴には浮気の証拠がたくさん残っている可能性があります。

最近では、ホテルの予約やテーマパークのチケットなどもネットで出来るようになっているため、いつどこへ行ったのかも分かるかもしれません。

しかし、インターネットに強い人の場合、履歴が残らないような検索方法も知っているので、パートナー次第というところもあります。

また夫婦で共有しているパソコンなら問題はありませんが、旦那の私物である場合勝手に見る事は”プライバシーの侵害”に当たりますので注意が必要です。

スマホ

最近はスマートフォンの普及により、浮気相手とのやり取りもスマホでされるようになりました。特に、LINEやFacebookなどのアプリでコミュニケーションをとっている人も多いです。

スマホにロックがかかっている可能性もありますが、なんとか中を覗くことができれば、多くの証拠を掴むことができます。それらの証拠を自分で保管するためにも、画面を自分のスマホカメラで撮っておくと良いでしょう。

ただし、こちらもパソコンと同様で”プライバシーの侵害”や”知的財産”に当たるので違法となる可能性があります。やり取りの内容が浮気や不貞行為だったとしても証拠として使えるわけではありません。

あくまでも浮気の証拠のもととなるだけ、だと考えておきましょう。

その情報をもとにプロの探偵事務所に依頼をすることが得策です。そこから確実な浮気の証拠をとることが大切になります。

スマホからスマホに送ろうと考える人もいますが、その履歴がパートナーのスマホに残ることで浮気を疑っていることがばれる可能性があります。ばれてしまえば、相手の警戒心が強まってしまうので注意してください。

また、浮気調査が可能なアプリも出てきています。有名なところで「ケロベロス」というものがありますが、この詳細は他に任せるとします。

参考自分でできる浮気調査!おすすめのスマホアプリ一覧

GPSを仕込むのではなく、GPS機能のついた携帯を仕込むこと!

車の中に仕込むことができるGPSですが、これを仕込む前に助言をさせていただきたいと思います。

まずGPSは、自分名義の車に仕込む事は違法になりませんが、旦那名義の車にGPSを仕込むことは違法になります。これは覚えておきましょう。

そして浮気相手の車にGPSを仕掛ける事も違法です。あくまでも自分名義の車のみがGPSを仕込むことを許されます。

旦那の居場所が知りたい方で車にGPSを仕込みたい方は、GPS機能が付いた携帯を仕込む事をオススメします。

なぜGPS機能が付いた携帯電話がいいのか、それは言い逃れができる特別なケースがあるからです。

携帯電話なら「探していたから助かった~」と言い逃れができます。

また自分の車にGPS機能の携帯電話を仕込んでいたとしても「防犯のためにGPS機能がついた携帯電話がはいっていただけ」だと言い逃れができてしまうのです。

これはばれてしまった場合の言い逃れなので参考にしてみてください。GPSだけでは浮気の証拠としてなりません。

また正しい方法は一般人では不可能です。プロの探偵事務所に依頼をすることが得策になります。そしてストーカー規制法にひっかかる可能性があり、逆に訴えられてしまうのです。

参考自分でできる浮気調査!おすすめのGPS5選

自分でする浮気調査の注意点

浮気調査は自分ですることができますが、あなたは探偵と違って調査のプロではありません。探偵に比べて、パートナーにばれる可能性は極めて高いでしょう。

浮気調査はばれてしまえば終わりだと思ってください。相手に警戒心を抱かせてしまえば、それ以降、浮気の証拠を掴むことは難しくなってしまいます。

ですので自分で浮気調査をする場合は、無理だと思えばそれ以上続けないことが大切になります。

今回の記事で”尾行”を紹介していないのもその一つですが、素人の尾行ほど分かりやすいものはありません。人間、慣れないことをすると不自然な行動になりがちです。

あくまでも、自分で可能な範囲内で行動するようにしましょう。

【浮気調査.com】徹底比較!探偵事務所おすすめ人気ランキングはこちら