旦那の帰りがいつもより遅くなり始めたり、自分の身なりに気を使い始めたりすると、まず浮気を疑ってしまいませんか?

旦那が本当に浮気をしているのか確かめたいと、妻であれば誰しも思うはず。女性の勘はとてもするどいものです。旦那の浮気はほとんどの場合、妻にバレてしまいます。

しかし、より詳しい浮気の状況や、証拠を集める為には、やはり探偵事務所へ浮気調査を依頼する必要があります。

ところが、最近では自分でも旦那の行動や、浮気の証拠を掴む為のグッズが豊富に用意されています。

ここでは、そんな浮気調査を自分で行う為のグッズについて紹介したいと思います。

注意!!

自分で浮気調査ができるグッズ・アイテムは増えてきましたが、決して無理をして調査することはやめてください。

グッズやアイテムが充実したと言っても、あなたは浮気調査のプロではありません。浮気を疑っていることがばれれば旦那の警戒心を強めることに繋がります。

後でも書きますが、浮気調査のプロである探偵事務所に依頼する準備だと思って調査することが大切です。

【浮気調査.com】徹底比較!探偵事務所おすすめ人気ランキングはこちら

自分でできる浮気調査グッズ一覧

最近では家電製品を作る技術が発展したため、色々な種類の家電が発売されています。

家電の小型化や低価格化も進んでいるため、誰でも浮気調査を行うグッズが揃えやすくなっているのです。

カメラ

小型カメラ

小型カメラは、浮気調査を行う上で必ず調査必要なグッズの1つです。浮気現場の証拠写真を撮るための必須アイテムだからです。

最近のカメラは画質がとても綺麗です。小型カメラと聞くと、少し画質が落ちてしむうイメージがありますが、超小型カメラも通常時と同じくらい高画質での撮影が可能になっています。

また、カメラもペン型やライター型、腕時計型と様々な種類があります。値段も2万円前後とお手頃です。

自宅で使う場合は、壁掛けフック型のカメラや、天井に設置する火災報知器型のカメラもあるようなので、シチュエーションによって使い分けるのがおすすめです。

暗い場所でも撮影可能な赤外線LEDカメラなどもあるので、証拠を掴むためには何種類かのカメラを事前に調べ、用意しておくといいでしょう。

一眼レフカメラ

小型カメラよりも、遠くから撮影できるのが一眼レフカメラです。

あまり近くに行きすぎて撮影をすると、旦那に浮気調査を行なっていることがバレるリスクが上がってしまいます。そのため、ある程度の距離を保ちながら撮影するには、一眼レフが必要になってきます。

一眼レフはカメラ自体が大きいイメージですが、最近は小型の一眼レフもあるので、自分で浮気調査を行うのであればそちらをオススメします。

ボイスレコーダー

ボイスレコーダーは使い方を間違えると”盗聴”になる可能性があり違法になります。場合によっては逆に訴えられてしまう可能性があるので注意が必要です。

参考自分でできる浮気調査!おすすめのボイスレコーダー5選

まずは正しい使用方法を知ってから、ボイスレコーダーを使いましょう。

GPS

旦那がどこにいるのか、尾行しなくてもわかるのがGPSです。ボイスレコーダーよりも小型の物もあり、本人に気付かれることなくGPSを設置することができます。

通勤バックなどに入れる場所はバレてしまう可能性が高くなりますが、車に設置する場合はナンバープレートの裏に磁石で設置したり、車の下側の金属部分に設置することもできるので、基本的にバレる心配はありません。

ただし、自分名義の車ではないと違法になります。これは”ストーカー規制法”にひっかかる可能性がありますので、旦那の車につける場合はまず自分名義の車の方だけにしましょう。

しかし、GPSは浮気の証拠としては使えないという弱点があります。

ラブホテルなどにいることがわかっていても、旦那がラブホテルに出入りした時の写真や目撃情報が無ければ、残念ながら決定的な浮気の証拠にはならないのです。

参考自分でできる浮気調査!おすすめのGPS5選

変装アイテム

もし自分で旦那のことを尾行するのであれば、変装グッズは必需品。日頃から生活を共にしているので、妻がいつも通りの格好で尾行をしては、旦那にバレてしまうリスクが高くなります。

とはいえ、いつもの雰囲気と変えようと派手にし過ぎたり、周りから浮いてしまうような格好ではかえって目立つので注意が必要です。

髪の毛の長さを変える為のカツラや、メガネ、帽子などがあれば安心です。

上着はリバーシブルのものを用意すると、途中で裏返せば雰囲気を変えることができるので旦那に尾行を気付かれる確率を下げることができます。

しかし、万が一旦那に尾行がバレてしまった時に、いつもと服装が違い過ぎると不自然になります。そのため、バレてしまった時のことを配慮して変装道具を用意するようにしましょう。

精液検出キット

最近ではインターネットで、旦那のパンツに付いたシミが精液なのかを確認するキットが発売されています。

パンツの気になる部分にキット内の液体をかけると、精液だった場合は紫色に変化するようです。

ただし、液体をかけて反応が出たからと言って、浮気をしたとは限らないので注意が必要です。

集めた証拠を保存、複製する道具

浮気の証拠が集まった場合、その証拠をCD等に焼いておいたり、パソコン以外の場所にも保管しておく事をおすすめします。

万が一旦那に集めた証拠がバレてしまい、データを消去されてしまったり、奪われてしまっては困ります。

ボイスレコーダーで撮った音声や、写真などの証拠は複製して保管するようにしましょう。

自分で調査をする場合は無理をしない

浮気調査は昔に比べ、自分でも行いやすくなっています。便利なグッズが増え、妻が旦那の浮気調査を行なっていることがばれずにすむことも増えてきました。

しかし、無理をして浮気調査を行なって旦那にバレてしまっては意味がありません。かえって2人の関係を悪化させる原因になりかねません。

確実にバレずに浮気の証拠を掴むには、やはり探偵事務所へ浮気調査を依頼する事が一番おすすめになります。

あくまで「探偵事務所に依頼する前に旦那の怪しい行動を把握したい、浮気をしているのか確かめたい」程度の気持ちで自分で調査するようにしましょう。

プロの探偵事務所に依頼をする際、あなたが集めた証拠をもとに浮気調査をし、確実な証拠を掴んでくれます。

無理な行動をして、絶対に浮気調査をしていることが旦那にバレないように気をつけましょう。

当サイトでは浮気調査を依頼する上でおすすめの探偵事務所をランキング形式でご紹介しています。

どの探偵事務所も相談・見積もりは無料なので、一人で悩まず、一度話を聞いてもらってみてはいかがでしょうか。

【浮気調査.com】徹底比較!探偵事務所おすすめ人気ランキングはこちら