ほとんどの人は、旦那の浮気を疑ったら自分でできる範囲の浮気調査をする、もしくはしたいと思うのではないでしょうか?

そんな浮気調査の中で、必須アイテムになる1つがボイスレコーダーです。

ボイスレコーダーを旦那の車の中や自分の留守中の家にセットすることで、浮気相手とのやりとりをしっかり録音することができるアイテムとなっています。

使い方によってはボイスレコーダーに録音された内容が、浮気の決定的な証拠になるので重要です。

そこで今回は、証拠を集めるためにおすすめのボイスレコーダーを紹介したいと思います。

ボイスレコーダーを使用する前に気をつけること

ボイスレコーダーを使う前に必ず注意して欲しい事があります。それは、勝手に録音すると盗聴になる可能性があるので気をつける事です。

別の違法性としてストーカー規制法にひっかかる可能性もあります。その場合証拠として扱う前に違法で訴えられてしまい慰謝料請求されることもありえますので、プロの探偵事務所に依頼をする方が得策です。

参考浮気調査なら探偵事務所がおすすめで最強と言える3つの理由

証拠として使えて違法にならない場合は、旦那の承諾を得てから目の前にボイスレコーダーを置き録音すれば違法になりません。

その場合は日付や時間も入っていれば更に良いです。

ボイスレコーダー選びで大切なこと

最近は様々な種類のボイスレコーダーが発売されています。そんな中でも、浮気調査を行う上で、大切なボイスレコーダー選びのポイントについて見ていきましょう。

ボイスレコーダーの大きさ

浮気調査を行う上で、ボイスレコーダーの大きさはとても大切になってきます。より小さいものを選ぶようにしましょう。

車や家に設置する際に大きいと目立ってしまい、旦那や浮気相手にバレてしまう可能性があります。

コンパクトで、車や家の内装に合う色を選ぶようにしましょう。

マイクの機能性

最近は高機能なボイスレコーダーが多いため、特にどんなものでも問題はないとは思います。しかし、あまりに年式が古いものや極端に安いボイスレコーダーだと機能性が落ちてしまう可能性があります。

車内での録音の場合、エンジン音や振動で会話がうまく録音できないこともあります。よりマイクの感度が良いものを選ぶようにしましょう。

録音容量

ボイスレコーダーを選ぶ時は、最大録音時間を見て購入するようにしましょう。録音タイマーなどが内蔵されていないボイスレコーダーの場合、設置した瞬間からすぐに録音が始まってしまいます。

浮気相手と接触するまでの時間が長かった場合、肝心な証拠になる部分が録音できなくなってしまう可能性があります。より長時間録音できるボイスレコーダーを選びましょう。

タイマー録音機能

ボイスレコーダーの中には、”何分後から録音を開始する”などのタイマー録音機能がついているものがあります。

無駄な時間を省くことができるので、重要な浮気相手とのやりとりをたくさん録音することができます。浮気調査には特におすすめです。

本体のバッテリーの持続時間

録音を長時間したい場合は、本体のバッテリーの持ちや電池の持続時間が重要になってきます。浮気調査が丸一日以上かかる場合は、より持ちの良いボイスレコーダーを選ぶようにしましょう。

音声機動装置

音声機動装置とは、音や会話に反応して自動録音がスタートする機能です。

必要なところだけ録音することができるので、電池や録音時間の無駄をなくすことができます。しかし、会話以外の物音で録音がスタートしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

おすすめボイスレコーダー5選

実際に浮気調査を行う際に、おすすめのボイスレコーダーを紹介していきたいと思います。

  1. VR-P005N ペン型ボイスレコーダー

    ペン型のボイスレコーダーなので、どんなシチュエーションでも不自然になることなく、設置することが可能です。

    価格は15,000円前後と少し高めではありますが、見た目は全くボイスレコーダーとはわからないため、浮気調査に向いている商品になっています。

    またOTG対応なので、スマホで録音を確認することができます。その他にも、ペン型では珍しく音声機動装置が内蔵されているのもおすすめなポイントです。

  2. MR1000ボイスレコーダー

    このボイスレコーダーの凄いところは、何と言っても長時間録音が可能なところです。

    音声機動装置が内蔵されているのですが、より電源offに近い状態で待機する為、電力消費を最低限に抑えることができます。

    そのため、最大でボイスレコーダーを約110日間設置することが可能です。これはあくまで音声機動装置での録音の場合です。通常録音の場合は、約30時間録音が可能です。

    また、録音時間だけでなくマイクの高機能性もとても高いのが特徴です。料金は16,000円前後とやや高めですが、浮気調査に人気のボイスレコーダーのようです。

  3. SONY ICD_UX543F

    このボイスレコーダーは車内での録音に適しています。マイクの機能も良く、再生時や録音時の雑音をかなり低減してくれるのが特徴です。

    最大録音時間が1073時間、電池持続時間30時間と浮気調査での使用にはし十分申し分ない商品です。

    料金は10,000円程度になっています。

  4. オリンパス ボイストレックDM_720

    このボイスレコーダーは合計3つのマイクが搭載されている為、高音質での録音が可能になります。

    またズームマイクが付いているので、雑音が多い環境の中でもしっかりと会話を録音することができます。

    最大録音時間985時間、電池持続時間38時間となっています。料金は10,000円前後です。

  5. VR_N05

    このボイスレコーダーは一時間程度の充電で、約10時間の録音が可能です。また音声感知録音機能を搭載しているので、最大待機時間は55日間と長期間です。

    旦那がいつ、浮気相手と接触しているかがわからない人にオススメのボイスレコーダーです。値段も7,000円前後と安めになっています。

使い方や方法を覚える事

冒頭でもお伝えした通り、旦那に隠して録音した場合は”盗聴”になってしまう可能性があります。

旦那から逆に訴えられて慰謝料請求されてしまう可能性があるかもしれません。そうならないためにも知識は必要です。

しかし、子供の証言は浮気の証拠としてなります。旦那が知らない女の人と手を繋いでた話や、見かけたなど、証言があれば録音しておくことも一つの手です。

その場合も子供の前にボイスレコーダーを置き、話をしましょう。また、子供の証言は年齢に関係なく浮気の証拠のひとつとして使えます。

子供の証言の効力

  • 未就学生(小学生以下)の場合
  • 浮気の証拠として、検討する余地がある。と判断されます。

  • 就学生(小学生以上)の場合
  • お父さんと判断できる年なので浮気の証拠となる。と判断されます。

子供から証言をもらう場合は、旦那にボイスレコーダーを聞かすことだけは避けてください。子供に八つ当たりをする可能性があります。

離婚を決意してる方にはオススメしますが、離婚をしたくない方には探偵事務所に相談することをオススメします。

使い方によっては重要な証拠として使用できます。自分で浮気調査をしたいと思っている方は是非参考にしてみてください。