結婚生活をしている中、旦那の不倫が発覚。そのことで暮らしが変わってしまった方も多いのではないでしょうか。

不倫は当然一人ではできません。必ず相手がいます。あなたや子供にまで迷惑をかけ、当然ながらキッチリ責任をとってもらいたいですよね。

しかし、慰謝料請求はお金が絡んでくるため、気を付けるポイントがいくつかあります。

また、浮気問題からの慰謝料請求はいくつかのパターンがあり、

  • 不倫した旦那と離婚して慰謝料請求したい
  • 旦那とは離婚しないが、不倫相手に慰謝料請求したい
  • 離婚して旦那と不倫相手の両方に慰謝料請求したい

など、想いは様々です。

慰謝料請求のためのポイントをしっかりとおさえて、旦那や浮気相手にその罪を償ってもらいましょう。

参考浮気と不倫の違いとは?似ているようで違う2つの言葉

記事の最後に「慰謝料を請求したい人におすすめの探偵事務所ランキング」があります。気になる方はご覧ください。

不倫された代償は慰謝料で償ってもらう

旦那に不倫された代償は、慰謝料と言う形で償ってもらうことができます。しかし、離婚をする場合離婚をしない場合で慰謝料請求するための順序や条件は変わります。

不倫の証拠が必要なのに変わりはありませんが、離婚しない場合と離婚する場合の2つのパターンに分けて説明させていただきます。

離婚しない場合、不倫相手に慰謝料請求する前に確認すること

まず旦那と離婚せずに不倫相手に慰謝料請求する場合ですが、その前に確認すべき事があります。

不倫した相手の女性は、中々不倫をしたことを認めないケースがほとんどで、慰謝料を請求しても応じない可能性が非常に高いです。

不倫相手に追究するためには、次の様な条件が必要になります。

  1. 旦那が既婚者だと分かっている(知っている)
  2. 体の関係(肉体関係)があった
  3. 夫婦関係が破綻していなかった
  4. 不倫をしていた証拠がある

それでは順にわかりやすく取り上げていきますので見ていきましょう。

①旦那が既婚者だと分かっている(知っている)

不倫相手は、あなたの旦那が既婚者であることを知っていることが大前提です。

旦那が指輪を外していたり、一切結婚していたことを隠していたのであれば、既婚者だと本当に知らなかった場合は慰謝料請求が難しくなります。しかし、そこに”不倫相手の落ち度がなかったのか”が問題です。

旦那と同じ職場だったり、指輪をしていたら既婚者だと分かりますよね。これは不倫相手の落ち度です。

多くの言い訳として使われるのが「結婚してたなんて知らなかった」という言い訳です。

本当にそうでしょうか?そんなことは滅多にありません。

なので浮気相手が色んな策を考え、言い逃れをするようあれこれと言い訳をしてきます。その言い訳も通用しない決定的な証拠を掴むためにも、不倫(浮気)の証拠が重要になります。

②旦那と肉体関係があったのか

旦那の浮気、すなわち”不貞行為”に当てはまります。これは慰謝料請求ができる代表的なケースです。

体の関係、性行することを言います。

旦那と不倫相手の間に、体の関係がある証拠を掴むことが大切です。キスをしたり手を繋いでいるだけでは証拠になりません。

参考探偵事務所が法的に有効な証拠を確保してくれるって本当?

③夫婦関係が破綻していなかったかどうか

既に別居中の場合は、夫婦関係が破綻しているとみられる可能性があるので、この場合は慰謝料請求するのは難しくなります。

別居期間が短い場合は特に認められません。

不倫相手から「旦那さんとお付き合いした時には、すでにそちらの夫婦関係が破綻していたのだから、慰謝料を支払う義務はありません。」と反論されてしまっては困ります。

別居する前には必ず、不貞行為の証拠を手に入れる事が前提です。

④不倫をしていた証拠を揃える

不倫相手が不倫していたことを認めず、訴訟(そしょう)になった場合は、必ず不倫の証拠が必要です。

自分で集めた不貞の証拠は、証拠として扱ってもらえる物なのか確実な証拠になる可能性はかなり低いと思われます。

自分で集めた証拠が全く証拠にならない訳ではありません。その証拠だけでは、不倫証拠の効力が低いからです。

参考浮気調査は自分でできる?浮気調査グッズ・アイテムを使って事前調査

さらに効力が高くなるためにも、探偵事務所に依頼をし、裁判で使える報告書を手に入れ戦える準備をしましょう。

離婚する場合は旦那と不倫相手に慰謝料請求

不貞行為の慰謝料は、旦那と不倫相手に慰謝料を同時に請求できますが、どちらか一方が慰謝料の全額を支払った場合、もう一方に二重請求ができないことを覚えておきましょう。

また離婚してない状態で旦那に慰謝料を請求しても、財布は同じになります。離婚をしてから慰謝料を請求した方が賢い選択です。

旦那と不倫相手に慰謝料請求する

旦那と離婚協議してる間を使い、不倫相手に慰謝料請求をしましょう。

上記でも説明していますが、旦那は離婚してから慰謝料を請求した方がいいので、不倫相手と決着がつき、離婚をしてから旦那に慰謝料を請求しましょう。

そうした方があなたが損をしないからです。

まずは不倫相手に償いをしてもらい、旦那はそのあとに償わせましょう。

慰謝料請求するには確実な不倫証拠が必ず必要!

離婚しないにしても、離婚するにしても必ず浮気・不倫の証拠が必要です。

旦那と不倫相手が言い逃れが出来ないようにしましょう。あなたが傷ついた代償は変えられません。そして慰謝料と言う形で償ってもらいましょう。

参考慰謝料請求を考えている方必見!慰謝料を貰えうためには条件があります

まずは旦那の行動パターンを把握すること

探偵事務所に不倫調査をお願いする前に、自分で事前に旦那の行動パターンを把握する方法があります。

参考自分でもできる違法にならない浮気調査の方法

参考旦那の浮気を簡単チェック!カマをかける10個の質問

自分で集めた証拠をもとにプロの探偵に依頼をすることで、費用を抑えることができ確実な証拠を手に入れることができます。

決してひとりで無理して証拠を集めるようなことをしないようにしましょう。

相手に収入がなくても慰謝料は請求できることを覚えておこう

参考夫に浮気をされ離婚を決意!慰謝料ってどれくらい貰えるのか

旦那や不倫相手に収入がなくても、慰謝料の請求は可能です。

支払いは、ほとんどの方が分割払いになっていますが、収入がないから慰謝料が請求できないなんてことはありません。

離婚しない人は、不倫相手に慰謝料請求を。離婚する人は旦那と不倫相手に慰謝料を請求しましょう。

証拠掴みはプロの探偵に依頼を!

長年の実績と経験である探偵事務所は、必ず不倫の証拠を掴んでくれます。

そのためには、あなたも普段と変わらい生活スタイルを送らないといけません。また無料で相談にのってくれるので、的確なアドバイスももらえます。

まずは無料相談から始めてみましょう。

参考夫の浮気問題は、探偵社に相談するのが賢い選択!

参考探偵事務所があなたを救う!離婚するとき、確実に慰謝料を請求する

慰謝料を請求したい人におすすめの探偵事務所ランキング

  1. 総合探偵社TS

    ・24時間365日 無料相談・見積もり受付
    ・安心の料金設定(分割払い・カード払い対応)
    ・離婚弁護士など法律専門の紹介

    総合探偵社TSは、24時間365日の無料相談・見積もりに対応している探偵事務所です。様々な調査依頼の中でも浮気調査や素行調査を得意としている探偵事務所で全国から依頼を受けています。

    夫婦カウンセラーなどの資格を持った専門カウンセラーがいて、専門家として様々なアドバイスを受けることが可能です。

    「確実な浮気の証拠を掴み離婚したい!」と思っている方には、話が有利に進むよう、離婚専門の弁護士紹介などのサポートも行っています。

    また、気になる費用も分割払いやカード払いに対応しており、今すぐお金が用意できない方も調査を依頼することができます。

  2. 原一探偵事務所

    ・24時間365日 無料相談・見積もり受付
    ・全国18拠点の全国対応
    ・調査歴20年以上のベテラン調査委員が多数在籍

    原一探偵事務所は業界最年長の老舗探偵事務所です。全国の拠点数も18拠点と業界最大で調査歴20年以上のベテランエージェントも在籍しています。

    全国に多数事務所があるのはそれだけで大きな強みですし、「私の住む県には探偵事務所がない・・」と思っている方も安心して相談できます。

  3. HAL探偵社

    ・分かりやすい料金設定で追加料金なし
    ・後払い、分割払い、カード払いに対応
    ・全国11拠点の全国対応

    HALが業界初の完全成果報酬後払い制を導入した探偵事務所です。分かりやすい料金設定でなおかつ完全成果報酬というのは依頼する側からすると安心感が変わってきます。

    全国に11の拠点を設けているので、地方の方でも気軽に相談してみてください。もちろん相談は無料です。