旦那に浮気をされ、離婚を決意する方はとても多いです。そこで、離婚話をする上で必ずと言って出てくるのが、慰謝料請求についてです。

慰謝料は旦那だけでなく、浮気相手にも請求することができます。浮気をされて、そのまま泣き寝入りをして離婚をするのはあまりにも辛すぎます。

浮気によって精神的に受けたダメージは、しっかりと慰謝料として支払ってもらうようにしましょう。

そこで今回は、浮気による慰謝料はどのくらい貰えるのかについて紹介していきたいと思います。

慰謝料とは

そもそも慰謝料とはいったい何なのでしょうか?

慰謝料とは、精神的損害に対する損害賠償金のことを言います。精神的損害とは、肉体的苦痛、悲嘆、恥辱等の精神的苦痛のことです。

そのため、旦那の浮気により精神的に受けた苦痛を訴え、慰謝料を請求することができるのです。

慰謝料を請求する為の条件

旦那や浮気相手に慰謝料を請求するにはある一定の条件が必要になってきます。

  • 婚姻期間中に他の誰かと肉体関係(不貞行為)を行なった
  • 浮気相手から見て、旦那が結婚していると知っていた、または知らなかったとしても知らない事に落ち度がある(過失の場合)

参考慰謝料請求を考えている方必見!慰謝料を貰えうためには条件があります

これらは慰謝料請求をするにあたり必要な条件であり、このことを証明することで正式に慰謝料請求が可能になります。

しかし、夫婦仲が険悪で別居中だった場合や、夫婦関係がすでに破綻しており、修復が不可能な場合は肉体関係があったとしても不貞行為とみなされない事もあります。

すでに確実な証拠があれば問題ないのですが、中途半端な証拠では慰謝料請求に使えない場合があるので注意してください。

不安な方は証拠を掴むプロである探偵事務所に相談することをおすすめします。相談は無料ですので、一人で悩みを抱えず相談するようにしましょう。

【浮気調査.com】徹底比較!探偵事務所おすすめ人気ランキングはこちら

慰謝料の相場

一般的に、浮気などの不貞行為の慰謝料の相場は100万円から500万円と言われています。

基準値を150万円あたりとして、不貞行為を行なった回数、婚姻期間、浮気に至った原因などにより金額も異なります。また、あなたが受けた精神的ダメージによっても変わってきます。

精神的ショックのあまりうつ病になってしまった場合や、妊娠中の浮気で受けた苦痛から、流産や早産になってしまった場合などは、慰謝料が増額される事もあります。

参考探偵事務所があなたを救う!離婚するとき、確実に慰謝料を請求する

慰謝料を少しでも多く貰う為に

旦那の浮気に気付き、離婚をするのであればまずはしっかりと証拠を集めることが大切になってきます。これらの証拠の多さ、内容により慰謝料の金額を増額させることができます。

その中でも特に強みになる証拠として、

  • ラブホテルへの出入りの写真
  • 明らかに肉体関係があったと思われる内容が含まれるメールや手紙
  • 旦那、もしくは浮気相手が不貞行為の事実を認めた事を記録した念写
  • LINEやSNSのやり取り

これらのことが挙げられます。

法律的には肉体関係がないと不貞行為とみなされないため、しっかりと証拠をあつめてから慰謝料を請求することが大切です。

相手が不貞行為をしていないと言い張った場合や、きちんとした証拠が揃ってない場合は慰謝料を請求することが難しくなってしまうケースもあります。

参考夫に浮気をされ離婚を決意!慰謝料ってどれくらい貰えるのか

慰謝料で償ってもらいましょう

離婚をするにあたって、慰謝料のこと以外でも何かわからないことがあれば、プロの探偵事務所などに相談しましょう。

旦那と二人きりで話すのも大切ですが、第三者や探偵事務所、弁護士に間に入ってもらう事で話がスムーズに進む事ほとんどです。

浮気問題は一人で抱え込まず、周りに相談するくらいならプロの探偵事務所に相談をし、話を聞いてもらうようにましましょう。

【浮気調査.com】徹底比較!探偵事務所おすすめ人気ランキングはこちら