「もしかして旦那に浮気をされているかも」と不安に思ったことはありませんか?

女の勘はとても鋭いもの。ふとした旦那の行動や身なりの変化から、浮気を察する人がとても多いのです。

不倫や浮気はとても許しがたい行動ですよね。

すぐに旦那に問い詰めたい気持ちはわかりますが、感情のままに話し合いをしてはいけません。まずは不倫や浮気の証拠をしっかりと集めることが大切です。

証拠を集めておけば、後々離婚するときや、離婚をしなくても浮気相手に慰謝料を請求する際に自分が有利になります。

そこで今回は、旦那の不倫や浮気の疑惑が出てきた時に、まず最初にチェックすべきことをお伝えしたいと思います。

自分でできるチェック項目

旦那の行動が怪しいと思ったら、まず次のことをチェックしましょう。

1. 携帯電話のチェック

携帯電話には不倫や浮気の証拠がたくさん詰まっている可能性がとても高いです。

特に注意して見るべきところは

  • メールやLINE
  • 通話記録
  • 写真、動画

の3つです。

最近では連絡のやり取りをLINEで行う人がほとんどです。LINEのトーク履歴は注意深く見るようにしましょう。また、写真や動画に浮気相手の顔が残っている可能性もあるので、しっかりチェックするのも良いと思います。

携帯電話のカレンダー機能にスケジュールを入れて管理している人もいるので、できればそこもチェックしましょう。

また、LINEだけでなくショートメールやメッセージでのやり取りや、バレないようにSkypeやmessengerなどのアプリで連絡を取り合う人もいるようです。

旦那のスマホをチェックする際には、どのようなアプリを使用しているかも見るといいでしょう。

また証拠になる写真や動画、メール等のやり取りがあった際は、必ず自分の携帯にデータを移し保管するようにしましょう。

携帯にロックがかかっている場合

携帯電話にロックをかけていたり、指紋認証などのセキュリティをしっかりかけている人の場合、なかなか携帯電話のチェックは難しいと思います。

無理して携帯電話を見ようとすると、バレてしまうリスクが高くなります。

焦らずゆっくりと、日頃から旦那が携帯電話のロック解除をする隙を伺い、こっそりロックナンバーを見るように心掛けましょう。

また、指紋認証を寝ている旦那の指を借りて解除する、という方法もよく聞きます。

眠りが浅い時にやってしまうと起きてしまう可能性がありますので、もしやるのであれば、飲んで泥酔してる日などを狙うようにしましょう。

自分名義ではない旦那の携帯を勝手に見る事はプライバシーの侵害で違法になります。その証拠を元にプロの探偵事務所に依頼をし、確実な浮気の証拠を掴むよう依頼するのが一番の得策です。

参考浮気調査なら探偵事務所がおすすめで最強と言える3つの理由

2. 財布

財布を調べることで、領収書やレシートから旦那が行った場所など、行動範囲を把握することができます。

それだけでなく、レシートに記載されている購入履歴に、万が一避妊用具などが残っていれば決定的な証拠のきっかけになるでしょう。

残業で遅くなると言っていた日の夜に、レストランなどの飲食店の領収書が出てきた際も、旦那を問い詰めるいい材料になります。

また財布に入っている金額から、最近出費が多い、少ない等のこともわかります。浮気をしている男性は、浮気相手の前ではよく見られようと、お財布の紐が緩くなる傾向にあるのです。

ATMの利用明細などがあれば、写真を撮っておくといいでしょう。

しかし一つ注意してほしいことがあります。財布の中に怪しい証拠になるようなものがあっても、絶対に抜き取らないようにして下さい。

チェックをする時は、チェックをした痕跡を残さずに行うようにしましょう。

財布の中を勝手に見る事はこれも違法になります。この場合プライバシーの侵害だけではなく、窃盗罪または窃盗未遂の違法になる可能性があるので、くれぐれも気をつけてください。

勝手に見た場合のレシートなどは、浮気の証拠を掴むための材料のひとつになると考えておきましょう。

3. 車の中

車の中の画像

旦那が車をよく使う人であれば、車の中のチェックも忘れずにしましょう。車で浮気相手の送り迎えや、密会場所として使用している場合があるからです。

  • 車内に落ちている髪の毛
  • 助手席のシートの位置が変わっていないか
  • 走行距離の変化
  • ダッシュボードの中
  • カーナビの履歴

これらのことに注意して、車の中のチェックを行うようにしましょう。

特にカーナビは、浮気チェックをする際に忘れてはならないポイントの1つです。履歴から旦那がどこに行ったのか調べることができます。

レジャー施設に遊びに行った際の履歴や、浮気相手を送り迎えした際は、相手の家の住所が残っている可能性もあります。

是非細かくチェックしてみて下さい。

参考車の中は浮気の証拠だらけ!旦那の浮気が怪しいときの車両チェックポイント

4. 通勤カバンの中

通勤カバンの中に入っている手帳や、カバンの内ポケットの中に、何か入っていないかチェックするといいでしょう。

普段はカバンを持たない人も、会社には手ぶらで行くという訳にはいきません。荷物の詰まったカバンには浮気の証拠が残っている可能性があります。

チェック!!

他にも家の中に、旦那個人の部屋がある場合は、その部屋の収納などをチェックするのもおすすめです。

こちらも財布の中と同様、違法になります。窃盗罪や窃盗未遂になる可能性があるので、あくまでも浮気の証拠のひとつと考えましょう。

その浮気の材料をもとに、探偵に依頼をし確実な浮気の証拠を掴むことです。

参考浮気調査報告書が決め手!探偵事務所に依頼するメリット!

コンドームの量

意外と盲点で、ここまで気を付けている男性が多くありません。

あなたがそこまでチェックすると思っていない場合がほとんどなので、小まめに量をチェックすることをおすすめします。

定期的に数が減っていたりすれば真っ黒確定です。

出張の明細

旦那が出張に行く方なら、出張先での様々な明細は確認するようにしましょう。

レシートを確認すれば、何にどれぐらいのお金を使ったのか分かります。

また、金額だけでなく内容も重要です。ホテルの明細などを確認すると、部屋のグレードやベッドの大きさなどが分かります。

出張なのにやたら良いホテルに泊まっていたり、ベッドがキングサイズなどの場合には、念のため写真を撮っておきましょう。

参考出張中の夫が浮気!?その原因と対処法とは

浮気チェックは慎重に

旦那の不倫や浮気を一度疑ってしまうと、毎日気が気ではないと思います。「早く浮気をしているのか白黒ハッキリさせたい」と誰もが思うのではないでしょうか。

しかし、ここで焦ってはいけません。焦って旦那に浮気チェックをしていることがバレてしまっては意味がありません。

浮気チェックは旦那にバレずに、確実な証拠を集めることが大切です。

離婚をする場合も、しない場合も、浮気の証拠をしっかり掴んで相手に非を認めさせた上で話し合うことが大切なのです。

そのためにも、無理せず自分でできる範囲で証拠を確実に集めるようにしましょう。そしてその証拠をもとにプロの探偵事務所に依頼をすることをオススメします。

参考自分でもできる違法にならない浮気調査の方法

確実な証拠掴みは浮気調査のプロに任せる

ここまでにお伝えした内容はどれも自分でできるものばかり。浮気の疑いがあればすぐにできてしまうチェック項目です。

しかし、自分一人で行う浮気調査には限界があり、無理のある調査を行えば旦那にバレるリスクが高まってしまいます。

なので、自分で行う浮気調査は必ず無理のない範囲でするようにしてください。自己責任と言ってしまえばそこまでですが、バレてしまうとその後の調査が困難になってしまうのです。

浮気調査のプロである探偵もこれは同じです。

旦那に浮気を疑っていることがバレれば、もちろん警戒心が強まります。その結果、探偵でさえも調査がしづらくなってしまうのです。

探偵事務所に証拠を掴んでもらうための自己調査

このことが重要です。あくまでも、あなたが行う自己調査は探偵事務所に依頼するための準備だと思ってください。

もちろん、自己調査の段階で証拠を掴めれば、それほど良いことはありません。

しかし、素人の浮気調査で掴める証拠は法的に使えない証拠であることがほとんど。使える証拠か使えない証拠かの判断もなかなかできません。

参考探偵事務所が法的に有効な証拠を確保してくれるって本当?

自己調査をすることで旦那の行動パターンを把握し、自分で見つけた浮気の証拠をもとに、一度探偵事務所に相談してみることを強くオススメします。相談を無料で受けている探偵事務所もあるので、まずはそちらに相談してみてはいかがでしょうか。

ピンポイントでの調査であれば費用を抑えることもできますし、事前に情報がある程度揃っていれば、確実な証拠を掴むことも難しくありません。

参考探偵事務所への浮気調査依頼を安くすませたい!その方法とは?

【浮気調査.com】徹底比較!探偵事務所おすすめ人気ランキングはこちら