旦那の浮気が発覚し色々と考えた結果、離婚することを決めたあなた。離婚することが悪いなんてことはありません。

仕事のこと、子供のこと、財産のこと、養育費のこと、慰謝料の事とやることや知ることがたくさんありますが、事前に知っておくことが大切です。

では離婚することを決めたなら、まずは何を知り、なにをするべきなのか。ここでは、そのことをお伝えしたいと思います。

記事の最後に「離婚したい人におすすめの探偵事務所ランキング」があります。気になる方はご覧ください。

離婚を決めたらやるべきこと

旦那の浮気がきっかけとなって離婚を決意した場合、離婚を切り出す前にしておくべきことがあります。

  • 子どものこと
  • 住む家のこと
  • 慰謝料のこと

など、すでに思いついているものもあると思いますが、それだけではありません。

一つずつ見ていきましょう。

旦那が浮気した確実な証拠を掴む

旦那の浮気の証拠があれば、旦那と浮気相手に慰謝料の請求をすることができます。何をするにしても”確実な証拠”が重要になってくるのです。

証拠の掴み方は人それぞれで、最初から探偵事務所に依頼する人はほとんどいませんが、浮気の証拠は、確実にプロの探偵事務所に依頼することを強くおすすめします。

参考浮気調査なら探偵事務所がおすすめで最強と言える3つの理由

浮気の証拠を私たちが自分で掴んだとしても、証拠として扱ってもらえるかわかりません。また自分で証拠集めをしても場合によっては、逆に訴えられる可能性があり大変危険です。

参考不倫や浮気の証拠を掴むために今すぐチェックするべきこと

離婚する前には確実に浮気の証拠を掴んでおきましょう。

生活費の確保をしよう

お金がない状態で離婚するのはやめましょう。「何とかなる!」と思って離婚しても、何とかならないことがほとんどです。

旦那の浮気の証拠を掴んでから、浮気を理由に別居をすると”婚姻費用”が旦那から貰えます。

参考離婚を成立させたいなら別居はオススメ

婚姻費用とは

別居中とは言え、婚姻中だと言うことには変わりありません。なのでその間、離婚成立するまでは生活費養育費が貰えるのです。これを”婚姻費用”と言います。

婚姻費用は、算定表に基づいて算出します。基本的には収入の多い方が少ない方に渡すことになるので、偏りをなくすことが目的となっています。

住む場所を確保すること

離婚や別居をする際には住む場所をしっかりと確保しましょう。

旦那に実家へ帰ってもらったりするのなら問題ありませんが、そうでない場合、自分の住む場所をどうするかが問題になります。

新たにマンションを借りるのか、親に事情を話し実家に帰るのか考えないといけません。

子供の環境を考えること

子供がいる場合は、保育園や小学校など学校をどうするかよく考えなければなりません。

保育園や幼稚園の場合は多少遠くなっても通うことができますが、小学校や中学校になると住んでる住所の区域になるので住む場所はきちんと考えないといけなくなります。

また別居や離婚になると、子供の気持ちが不安定になることがありますので、一人でもしっかり育てていける環境がなければいけません。

仕事を見直すこと

離婚をした後、今の仕事でも生活ができるのかどうかです。特に子供がいる方だと、急な体調不良で休まないといけない時や、学校の行事等で早退だったり遅出になる場合があります。

  • 急な体調不良でも理解してくれるのか
  • 学校の行事など行けるのか
  • シングルになる事の会社の理解

仕事も、もちろん大事ですが1番大事なことは子供のそばになるべくいれるようにする事です。

辛い時こそそばにいて欲しいと思う子供の気持ちも考えないといけません。そのためにはまず、今の会社でも大丈夫なのか考えておきましょう。会社に事情を説明し、継続できれば1番良いかもしれません。

これを機に転職することも考えておきましょう。

離婚をする時に知っておくべき事

離婚する場合にはお金の事が気になる方が多いと思います。離婚をする際知っておくと損をしない事がたくさんあります。

別居中は”婚姻費用”が貰える

理由のない別居は絶対にいけませんが、旦那に浮気をされ離婚をすると決意した場合の別居は効果的です。

別居は期間が長ければ長い程、旦那が離婚したくないと言ってきても離婚ができる確率が高くなります。そして別居中は、養育費と生活費が貰える”婚姻費用”があるのです。

参考離婚を成立させたいなら別居はオススメ

”婚姻費用”は離婚が成立するまでの間、経済力のある側がパートナーの生活費の一部を負担すると言う意味です。

別居中に旦那が婚姻費用を払い続けるより、離婚し養育費だけの方が負担が少なくなります。別居が長いと離婚できる確率が高くなるだけではなく、婚姻費用を払うより養育費の方が経済的に負担にならずに済むので離婚できる確率が更に高くなります。

協議離婚(話し合い)ができなかった場合は、婚姻費用の請求をしましょう。その場合は弁護士に依頼をするとスムーズに話が進みます。

参考離婚の90%以上が協議離婚!?メリットとデメリット

養育費はいくらくらい貰えるのか

離婚したら子供の養育費が1番気になるのではないでしょうか。

養育費も婚姻費用と同じで「算定表」で割り出します。算定表は、養育費を支払う側(旦那)の年収と、受け取る側(あなた)の年収と、子供の人数と年齢から自動的に目安を割り出します。

2~3ヵ月の給料明細や、源泉徴収票を提示することがありますので捨てずにとっておきましょう。その場合も必ず、調停証書や公正証書を弁護士に作成してもらうようにしましょう。

万が一支払いがなくなった場合、強制執行ができます。そうすることで、裁判を起こして判決をもらわなくてもすぐに差し押さえなどの強制手段をとることができるため必ず作成しましょう。

財産分与について

財産分与でもプラスになる財産と、マイナスになる財産があります。

プラス財産

  • 現預金
  • 不動産
  • 自動車
  • 家財道具や貴金属や高価な美術品
  • 株式などの有価証券、ゴルフ会員権など
  • 生命保険、学資保険など
マイナス財産

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 学資ローンなどの借入金

旦那の通帳残高など把握しておくとかなり便利です。給料の支払い通帳などあらかじめ調べておきましょう。

社会保険なら必見!年金分割について

意外と知られていないのですが、年金分割とは、婚姻中の厚生年金を2人で分け合うことを指します。

旦那の名義で支払っていた年金の一部が、自分の名義で支払ったものとして年金額の計算に加えることができるようになります。これは、旦那と自分との間で将来もらえる年金金額に差が生まれないようにするためのものです。

ただし注意が必要で、年金分割は離婚後2年以内に手続きをしないと分割できなくなります。離婚後や離婚決まる前には年金事務所へ行き手続きを行いましょう。

離婚後はたくさんの書類を書かなければならない

離婚後は子供関係の書類や離婚手続きのため、市役所へ行くことが確実に増えます。また手続きは1日で終わりませんので、あらかじめ頭の中にいれておきましょう。

必要な各種届出や手続き

  • 住所変更
  • 健康保険や年金
  • 運転免許証
  • 子の氏変更許可申請書
  • 母子家庭等医療費等受給者証
  • クレジットカードや生命保険 など

離婚後補助金があることを知っておく

シングルマザーになっても支援してくれる心強い制度がいくつかありますので紹介していきます。

児童手当と別の児童扶養手当

児童手当と別で貰える児童扶養手当があります。支給日は4月(12月~3月分)、8月(4月~7月分)、12月(8月~11月分)で4ヵ月に一度口座に振り込まれ、支給額は1ヵ月42,000円程です。
ただし、子供の人数で金額は変わり、一定以上の所得があると減額されていきます。

母子家庭等医療費等受給者証

子供だけじゃなく自分も病院などでかかった医療費が戻る制度です。助成内容は住まいの地域によって異なります。市役所の子ども福祉課へ行き確認や電話で問い合わせてみましょう。

所得税や住民税の軽減

旦那と離婚しその後も再婚していない場合、合計所得金額が500万以下であれば”寡婦控除(かふこうじょ)”と言い、所得税や住民税の軽減を申請できます。

国民年金保険料や健康保険料の減免ができる

離婚後に収入がなくなったり、所得が低くなって国民年金の納付が難しくなった場合、”国民年金保険料免除・納付猶予制度”があります。

水道料や下水料金の減免ができる

生活保護や児童扶養手当などを受給している場合、上下水道の料金が減免されます。

生活保護が受けれる

離婚した後、小さい子供を抱えて中々就職ができず収入がない場合、収入が一定よりも少ない場合には生活保護を申請することができます。

JR通勤定期乗車券や公営交通の割引や無料乗車券がもらえる

児童扶養手当や生活保護を受給している方は、通勤定期を3割引きで購入できます。割引には市区町村で”特定者資格証明書”の交付が必要です。
また各自治体でバスや地下鉄などの公営交通では無料の乗車券を発行している地域もありますので調べてみましょう。

公営住宅への入居がしやすい

ひとり親家庭の支援として、公営住宅への入居を優先的に行ってくれる自治体がかなり多いです。公営住宅は相場よりも安価な家賃設定なので、引っ越し先の候補にいれてみてはいかがでしょうか。
毎月家賃の支払がすごく楽になります。

離婚するなら、まずは浮気の証拠を確実に掴む

離婚する際、まずは旦那の浮気証拠をとらえる事が大切です。

旦那や浮気相手に慰謝料請求するためや、離婚する時あなたが有利になるようにするためにも、まずは浮気の証拠を手に入れましょう。

参考探偵事務所があなたを救う!離婚するとき、確実に慰謝料を請求する

プロの探偵事務所に依頼することでリスクがなくなります。また慰謝料請求した場合、そこから探偵事務所に支払うあてにしても大丈夫な探偵事務所もあります。

離婚したい人におすすめの単位事務所ランキング

  1. 総合探偵社AMUSE(アムス)

    0120-23-9035↑ 電話で無料相談 ↑

    ・24時間365日相談無料
    ・リアルタイムで浮気調査の報告
    ・アフターフォローの徹底

    総合探偵社AMUSE(アムス)は、探偵の育成にも力を入れており、AMUSE(アムス)探偵学校を運営している探偵社です。

    調査員の調査能力に対する指導も欠かすことなくしていますので、徹底して浮気調査に取り組んでくれます。10年以上のベテラン揃いです。

    他の探偵事務所ではない、浮気調査をリアルタイム報告してくれるサービスがあり、気になって仕方がない方や早く知りたい方には嬉しいサービスとなっています。

    依頼者との信頼関係を築くため「夫婦カウンセラー」など、しっかり話を聞き取ることができる相談員の確保と、アフターフォローも徹底しており、浮気調査が終わったあとでもアフターケアを欠かすことなく親身になってくれます。

    支払い方法も基本的には現金一括ですが、希望があればカードでの決済や分割にも柔軟に対応してくれる探偵社です。

    こんな人におすすめ

    浮気現場からリアルタイム報告をしてくれるサービスがあります。

    真実を早く知りたい方、離婚したくない方、夫婦関係を修復したい方におすすめの探偵事務所です。

    決定的な証拠を抑えるために、調査プランの変更など臨機応変に対応してくれます。

    0120-23-9035↑ 電話で無料相談 ↑

  2. 総合探偵社TS

    0120-18-0152↑ 電話で無料相談 ↑

    ・24時間365日 無料相談・見積もり受付
    ・安心の料金設定(分割払い・カード払い対応)
    ・離婚弁護士など法律専門の紹介

    総合探偵社TSは、24時間365日の無料相談・見積もりに対応している探偵事務所です。様々な調査依頼の中でも浮気調査や素行調査を得意としている探偵事務所で全国から依頼を受けています。

    夫婦カウンセラーなどの資格を持った専門カウンセラーがいて、専門家として様々なアドバイスを受けることが可能です。

    「確実な浮気の証拠を掴み離婚したい!」と思っている方には、話が有利に進むよう、離婚専門の弁護士紹介などのサポートも行っています。

    また、気になる費用も分割払いやカード払いに対応しており、今すぐお金が用意できない方も調査を依頼することができます。

    こんな人におすすめ

    復縁・関係修復したい人におすすめの探偵事務所です。

    浮気調査を依頼する人の多くは、離婚ではなく関係修復を望んでいます。

    代表自らが資格を持っていて、心強い味方になってくれます。あのころのような家庭を取り戻しましょう。

    0120-18-0152↑ 電話で無料相談 ↑

  3. 原一探偵事務所

    ・24時間365日 無料相談・見積もり受付
    ・全国18拠点の全国対応
    ・調査歴20年以上のベテラン調査委員が多数在籍

    原一探偵事務所は業界最年長の老舗探偵事務所です。全国の拠点数も18拠点と業界最大で調査歴20年以上のベテランエージェントも在籍しています。

    全国に多数事務所があるのはそれだけで大きな強みですし、「私の住む県には探偵事務所がない・・」と思っている方も安心して相談できます。

    こんな人におすすめ

    全国に18の直営の拠点を持っています。都心部に住んでいる人はもちろんのこと、地方在住で依頼できる探偵が見つからない人に特におすすめです。

    無料相談は24時間365日対応しています。一人で悩んでいても解決の糸口は見つかりません。まずは悩み相談を!