「離婚したい」と思ったとき、まずは夫婦で話し合うことになります。その結果、2人で話をし離婚することを“協議離婚”と言います。

協議離婚で離婚する割合は90%以上あり、それに比べ、調停離婚や裁判離婚の割合はとても低いです。

夫婦の話し合いで離婚が決定するため、もっとも簡単な離婚方法になります。ですがそれ故に、当事者同士で話をするので人によっては早く離婚出来たり出来なかったりするのです。

協議離婚する前に、まず夫婦で養育費や財産分与、親権、面会、慰謝料などの話がまとまっていれば1回で終わることがあります。

協議離婚にもメリットとデメリットがあります。まず協議離婚のメリットから見ていきましょう。

協議離婚の場合3つメリット

当事者同士で話し合いをし離婚をする場合、弁護士はいません。離婚届の用紙を用意し、市町村役場役所の戸籍課で入手しましょう。婚姻届けをもらった場所と同じです。

弁護士と契約しない場合の協議離婚のメリットは3つあります。紹介しますのでみていきましょう。

調停離婚や裁判離婚に比べると時間と費用がかからない

夫婦二人で話し合いができていれば話が早いので、弁護士費用や裁判費用もかからず、当事者だけの話し合いができるので「時間とお金の節約」になります。

離婚届を役所に提出するだけで離婚が成立する

離婚成立までが非常に簡易であり迅速です。早く離婚の手続きができます。

離婚原因を問わない

これが最大のメリットかもしれません。(不倫や浮気、DV、性格の不一致など)の理由を問われないのです。裁判離婚や調停離婚の場合、この離婚原因が必須となります。

協議離婚のデメリット

次にデメリットですが、離婚する旦那によってデメリットが増える可能性があります。デメリットについてもみていきましょう。

メリットがデメリットになる

夫婦で話し合いができる事はいい事でありメリットなんですが、それゆえに感情的になってしまい、冷静に話し合いができなくなる可能性があります。

そうなった場合、離婚したくてもできない状況になるので最終的に弁護士を雇う事になりかねません。

後々トラブルになることも・・・

専門知識をもった弁護士が立ち合いをしていないので「離婚協議書」作成の取り決めをしっかりと行うことができません。

そのため、法的解決になりづらくなります。

また離婚に関する知識がないので、養育費や財産分与や慰謝料など貰えるものも貰えなくなってしまいます。

なので協議離婚を裁判所で行い「離婚協議書」を裁判所で作ってもらいましょう。

協議離婚は相手によってデメリットが増えるだけ

当事者同士で話をし離婚する場合は、相手ときちんと話し合えるかどうかが重要になります。

お金にルーズな旦那だと、養育費や慰謝料を口約束しただけではとても危険です。

「ちゃんと養育費払ってくれるのかな?」と少しでも不安がでるのであれば、離婚公正証書をオススメします。

離婚協議書に比べてお金はかかりますが、この先長い目でみれば安いです。そして離婚ができない状況になると、無駄な時間がかかること、何よりあなたの負担が増えてしまいます。

きちんと養育費支払いできると確信があっても、離婚協議書を作りましょう。

協議離婚をして話がうまく合わなかったり、話が長引いたりして離婚にならなくなった場合、家庭裁判所で調停離婚に発展します。

協議離婚の場合は相手によってデメリットが増えてしまうのが難点ですが、弁護士の費用がかからないのはメリットでもあります。あなたが無駄な時間を過ごして離婚が遅れるのか、専門家の弁護士と契約をし、スムーズに離婚を進めるかはあなた次第です。

相手が話ができる人に関わらず、協議離婚の場合でも、公正証書や離婚協議書は必ず残しましょう!

スムーズに協議離婚が終わらなかった場合も含めて

相手によってデメリットが増える事は説明させていただきましたが、話ができない時点で何を言っても無駄な事はハッキリとわかります。

その場合に言い逃れができないよう、確実な証拠が必ず用意しておくことです。

慰謝料請求や、離婚、夫婦関係の修復をするためにも、必ず必要になりますのでプロの探偵に依頼することをおすすめします。

参考浮気調査報告書が決め手!探偵事務所に依頼するメリット!