世の中にどれだけの探偵事務所があるかご存知でしょうか?

探偵として仕事をする場合、必ず探偵業の届け出をしなければいけませんが、個人と法人を合わせると6,000社以上の探偵業者が存在します。

旦那の浮気調査を探偵事務所に依頼しようと考えたとき、この6,000社以上の中から選ばなければいけないということです。

当サイトでは「失敗しない探偵事務所の選び方」をお伝えしていますが、実は探偵の詐欺被害は後を絶ちません。

探偵業の届け出をしていない「なんちゃって探偵」は論外ですが、公安委員会に届け出している探偵事務所の中にも悪徳業者は存在します

被害内容は多岐に渡りますが、最終的には「金銭トラブル」に繋がるものばかり。

このページでは、詐欺の手口や悪徳業者に引っかからないための見分け方などお伝えしたいと思います。

一大決心の調査依頼。詐欺被害に合わないようにしましょう!

浮気調査での詐欺の手口

まず最初に詐欺の手口をご紹介します。

このような被害に合わないようにしてほしいのですが、手口が分かっていれば対策を取ることができます。

調査人数や調査日数の水増し

素人である相談者をカモにするため、あたかも調査内容が困難だと伝えるケースです。

当たり前ですが、難しい調査であればあるほど、調査員の数も調査日数もかかります。

しかし、素人である私たちには調査の難易度が分かりません。これを逆手にとって高額請求してくる探偵事務所が存在します。

このような詐欺に合わないための方法として、一社のみに見積もり依頼をしないことがあります。

一社にしか見積もり提示を要求しない場合、比較ができないためにこのおうな被害に合う可能性が高まります。

浮気調査を依頼するなら複数の探偵に見積もりを出してもらうべきって本当?」の記事がありますが、水増しをするような探偵事務所に依頼しないようにも、複数社を比較するのがおすすめです。

調査終了後に高額請求

浮気調査が予定通りに進むとは限りません。

例えば、ターゲットの運転している車が高速道路に乗った場合、尾行をそのまま続ければ高速料金が別途かかります。

優良な探偵事務所であれば、追加費用がかかる場合には電話などで説明があるのですが、悪徳業者の場合は追加費用の説明をせずに勝手に請求金額に上乗せしてきます。

最初に提示された見積もりに、

  • 車両費
  • 機材費

などの諸経費が入っていないケースもこの一つです。

このような詐欺に合わないためにも、見積もりにどこまで含まれるのかの確認を取るようにしましょう。

着手金をもらって調査をしない

完全なる悪徳業者ですね。後にも出てきますが、事務所を構えていない探偵事務所に多いケースです。

最初から調査をするつもりはなく、良いように言って契約し着手金をもらってドロンする探偵事務所もあります。

まずは事務所を構えていない探偵事務所は候補から外しましょう。

調査対象からもお金を取る

浮気調査の依頼なので、ターゲットの弱み(浮気の証拠)を掴むことになります。

この証拠を使ってターゲットを脅し、お金を取るのです。調査を依頼した人からも調査費用を貰うので、二重に儲かるということです。

嘘の調査結果を報告する

優良な探偵事務所の場合、法的にも有効な調査報告書を作成してくれます

しかし悪徳業者の場合、この報告書に嘘の内容を書くケースがあります。これまでに調査したものを適当に当て込むのです。

裁判や慰謝料請求に役立たないだけでなく、何の役にも立たない報告書です。

これでは依頼した意味が全くなくなってしまいます。

成功の線引きを曖昧にする

成功報酬制を謳っている探偵事務所に多いのですが、「成功の定義」を最初に説明しない探偵事務所もあります。

成功報酬と聞くとすごいことのように思えますが、何をもって成功とするのかをしっかりと確認しておくことが大切です。

調査が終わってからの確認では遅いので、最初の相談時に必ず聞きましょう。

調査を下請けに丸投げ

成功の定義があいまいな探偵は、下請けに調査を丸投げしている可能性もあります。

調査にあたってくれる人の顔を確認することも大切ですね。

詐欺罪で逮捕される事例もある

これまでに紹介した悪徳業者の手口ですが、詐欺であることを立証できれば逮捕となることもあります。

  • 犯罪に繋がるような違法調査
  • 料金をもらって調査しない
  • 営業停止中に関わらず調査

このような場合、明らかに詐欺と分かるので訴えることで逮捕に繋がる可能性があります。

実際、このように逮捕された事例もあります。

詐欺に合った場合、返金はしてもらえるのか

完全なる詐欺であれば戦うことも可能ですが、そのことに対する労力は凄まじいものになります。

また、あなたの確認不足で契約してしまった場合には返金は難しいでしょう。

返金のことを考えるよりも、あなたに合った探偵事務所に依頼することが大切です。

参考失敗しない、したくない!浮気調査依頼での探偵事務所の選び方

悪徳業者を見分けるコツ!特徴とは?

悪徳業者には特徴があります。

普通の探偵事務所とは明らかに違う点もあるので、分かっていれば簡単に引っかかることはありません。

料金体系が不透明

優良な探偵事務所はホームページで料金を明確に掲載しています。

  • 1時間〇〇円
  • 1日△△円

など、誰が見ても分かるように掲載されています。

調査料金について質問した際、

  • 「調査内容による」
  • 「調査してみないと分からない」

など、料金説明を濁した場合注意が必要です。

料金の明示がない探偵は悪徳業者の可能性があるので、依頼は控えましょう。

事務所を構えていない

先ほど出ましたが、事務所を構えていない探偵の場合、着手金などを払ったらドロンされるケースが多いです。

しっかりと調査してくれる探偵であれば必ず事務所を構えています。

世の中には6,000社以上の探偵業者がいます。わざわざ事務所を構えていない探偵に依頼する必要はないでしょう。

打ち合わせなどを電話ですませる

これは探偵事務所を構えていない場合によくあります。

相談者と合わず、すべてを電話やメールで済ませようとする探偵事務所は注意してください。

契約まで電話で済ませようとすれば、ほぼ確実に悪徳業者と言えます。

半ば強引に契約を求めてくる

基本的に、相談してすぐに調査をすることはありません。浮気調査には準備が必要です。

あなたからの依頼で即日調査などを受けるケースはありますが、探偵事務所から「すぐに調査しましょう」と言ってきた場合は注意しましょう。

契約する際は、不安などがない状態ですることをおすすめします。

電話で営業もNG

相談後に依頼を促すような営業電話をしてくる探偵にも注意しましょう。

あなたのことを思って心配してくれていると感じるかもしれませんがそうではありません。

わざわざ営業電話をかけてくる探偵は暇だと思ってください。

調査方法を教えてくれない

優良な探偵事務所は、見積もりを出すのと同時にどのような方法で調査をするのかを相談者に伝えます。

理由は、調査方法と見積もりは連動しているからです。

調査方法を曖昧にしている場合、あなたの足元を見て、見積もりも高くしている可能性があります。

契約書を作成しない

これは論外なので、契約時に契約書の作成をしない探偵事務所への依頼はやめしょう。

契約書には重要な項目を記載します。金額や支払方法などです。

契約書を作成しないことで後々トラブルに巻き込まれる可能性があります。そのような依頼内容であれ、必ず契約は交わすようにしてください。

安さをアピール

やたら安さをアピールする理由は、それでお客さんを釣るためです。

実際の費用と大幅にかけ離れているケースがほとんどなので、相場よりもかなり安く設定されている場合には相談しないようにしましょう。

相談にも時間と労力がかかります。無料だからと言って意味のない相談はやめましょう。

参考探偵事務所への浮気調査依頼を安くすませたい!その方法とは?

正しい探偵選びで確実な証拠を!

ここまで、探偵の詐欺や悪徳業者について説明してきましたが、決してそのようなものに巻き込まれないようにしてください。

旦那の浮気調査を依頼するのは、確実な証拠を掴み目的(離婚や浮気相手への慰謝料)を達成するためです。

悪徳業者に捕まれば、お金だけでなく貴重な時間も奪われてしまいます。

当サイトのおすすめランキングもあるので、是非参考にしてみてください。