探偵事務所に浮気調査の依頼をした場合、数十万円単位での調査料金が発生することがほとんどで、依頼する探偵事務所によっては、これらの料金を巡るトラブルが相次いでいます。

探偵事務所に関する国民生活センターや各自治体に設置されている消費生活センターへの問い合わせは、年々増えてきているのが現状です。

では実際に、どのような問い合わせや相談が多いのでしょうか。ここでは探偵事務所との金銭トラブルについてお伝えしたいと思います。

探偵事務所に対するトラブル内容

探偵事務所とのトラブル内容は様々ありますが、その中でも特に多いのがお金に対するトラブルです。具体的にどのような料金トラブルがあるのかまとめてみました。

調査料金の返金を求めるトラブル

探偵事務所が行なった調査結果に、依頼者が満足する事ができずに、調査料金の返金を求めることで起こるトラブルです。

返す返さないのやり取りで、返金額をどうするかなどで揉めます。

解約料に関するトラブル

探偵事務所に調査を依頼した後、調査開始前にキャンセルをしたものの、支払ったお金が返ってこないというトラブルです。

解約金については、それぞれの探偵事務所によって異なります。調査を依頼する前に、必ず確かめておくようにしましょう。

請求された金額が高すぎる

初めの見積もりの金額と、調査後に出された請求額が異なることによるトラブルです。

見積もりを行なった際の調査時間だけでは足らず、時間を延長した場合や尾行する際に人員を増やした場合にプラス料金が発生することもあります。

しかし、これらのプラス料金が発生する場合、基本的に依頼主に確認することなく勝手に行うことはありません。

もし心配であれば、一言探偵事務所に「料金が追加でかかる場合は事前に知らせて下さい」と伝えておきましょう。

また追加料金の詳細も、契約時に明確にしておくようにしましょう。

完全成果報酬のはずなのに料金が発生した

完全成果報酬と言われ、調査結果で浮気現場の確実な証拠写真を得られなかったのにも関わらず、料金が発生したというトラブルです。

完全成果報酬の定義は、探偵事務所により異なります。

探偵事務所の過失があった場合のみ(尾行中に見失った等)、料金が発生しないということで、写真が撮れなかったからといって失敗というわけではないと言う探偵事務所もあります。

契約前に完全成果報酬の定義をしっかりと確認しておくことが大切です。

電話での見積もりと全額違う

探偵事務所によっては、電話相談を無料で行なっているところもあります。

電話の段階で、ある程度の状況を伝えて見積もりを出してもらいます。そこから、可能なようであれば実際に探偵事務所に行き、契約を結ぶというものです。

しかし、この電話での見積もりと、実際に探偵事務所に行った際の見積もりの料金が違いすぎることでトラブルが起こることあります。

契約前に料金を確認しよう

浮気調査に関する料金トラブルはたくさんあります。探偵事務所によって料金プランや、追加料金の金額は様々です。

調査後にトラブルが起こらないように、探偵事務所の口コミや料金設定を事前に調べておくようにしましょう。また何か不安な点があれば、必ず契約前に探偵事務所に相談をしましょう。

参考