浮気がバレて、女性から問い詰められた男性は、よく「もう浮気はしない、信じてくれ」などという言葉をよく使います。

ドラマや映画でもよく聞くセリフですよね。

この“浮気はしない”という言葉は、実際に信じてもいいのでしょうか?ドラマなどは客観的に見ることができますが、実際に自分の身にこんな事が起きてしまったら、冷静に判断することは難しくなってしまうと思います。

そこで今回は、もし旦那が同じような言葉を言った時に信じても大丈夫なのか否かについて見ていきたいと思います。

参考旦那が最も浮気や不倫に走りやすくなる時期

1度浮気をした人は2度目もある!?

アメリカの大学が長期間行った調査によると、男性対象者の32%が「浮気をした事が有る」と告白しています。

また、驚く事にその32%のうち半数近い人達がその後、再び浮気をしたとの結果が出ているのです。この結果から、1度浮気をした男性はまた同じ過ちを繰り返してしまう可能性が高いことがわかります。

とはいえ、全員の男性が浮気を繰り返す訳ではありません。なぜ一部の男性は同じ過ちを犯してしまうのでしょうか。

考えられる原因はいくつかあります。

参考男が浮気・不倫をしてしまう”4つの心理”!どうして不倫をしてしまうのか

性欲が強い

もともと男性は女性に比べ、性欲があります。なぜなら子孫を残そうとする本能があるからです。

性欲が強い人は、自分のパートナーだけでは満足できず、色々な女性と関係を持ちたがります。このようなタイプの人は、浮気相手に恋愛感情が特にある訳でもなく、性交渉自体を楽しんでいる人が多いのが特徴です。

そのため、一時的に反省をしても、また同じように浮気をしてしまう可能性が高いのです。

女性経験がほとんどない

結婚するまで女性との付き合いがほとんどなかった男性や、今まで一度も浮気をしたことのない男性は、1度甘い誘惑に負けてしまうと、その刺激が忘れられず、また浮気を繰り返してしまう事があります。

浮気をすることで、「自分はモテる!」などという自信に繋がってしまった厄介なパターンは、特に浮気の再発に気をつける必要があります。

今まで真面目に生きてきたぶん、一度たかが外れてしまうと、なかなか修復が難しい人もいるようです。

妻との関係が良好ではない

自分の妻に問題や不満を抱えている場合は、また浮気を繰り返してしまう確率がとても高いです。

家庭内が上手くいっていないと、他の女性でその穴を埋めようとしたり、現実逃避をしようとします。

妻との関係が改善しないと、様々な理由をつけてまた浮気をしてしまう人が多いようです。

2度目の浮気は妻が原因!?

先程のアメリカの大学の研究では、前の恋愛関係で相手に浮気をされ、別れた人は22%もの確率で再び現在のパートナーに浮気をされる可能性が有る事も判明しています。

もし結婚前の過去の恋愛で、男性に浮気をされてしまった経験がある人は、同じような男性を結婚相手に選んでしまっている可能性があります。

もちろん浮気をすること自体が間違っているので、あまり自分を責める必要はありません。しかし、旦那に浮気をされてしまったら、自分の少しの努力や変化で、二度と旦那が浮気をしないようになるかもしれません。

辛い思いを2度も味わいたくはないですよね。

では実際に浮気をされてしまったら、その後どのような態度で旦那に接するのがいいのでしょうか?またどのような話し合いが、今後の浮気予防に繋がるのでしょうか。

参考あなたは大丈夫?浮気されやすい女性、12の特徴

浮気をしたことをネチネチ責めない

浮気をされた側は心に深い傷をおいます。悲しいだけでなく、裏切られたことに対する苛立ちも感じてしまいます。

そんな苛立ちをどうしても上手く消化することができないと、何度も何度も相手のことを責めてしまいます。些細な言い合いが起きれば、過去の浮気話を持ち出し、相手を責めてしまうこともあるでしょう。

しかし、しつこく相手を責めるのは逆効果です。

浮気を責めるのであれば、発覚した際にとことん話し合うようにしましょう。話し合いが終わった後は、極力その話題は避けるようにしましょう。

旦那の前では笑顔を心掛ける

旦那の前ではなるべく笑顔で過ごすようにしましょう。いつもイライラしていたり、怖い顔をしていては仕事で帰ってきた旦那も疲れが取れません。

それどころか、家に帰りたくないと思われてしまうかもしれません。

笑顔で旦那を迎えてあげることで、浮気をしてしまったことを後悔させるだけでなく、早く家に帰ろうという気持ちの変化に繋がります。

浮気をされて悲しかった気持ちをきちんと伝える

浮気をしたことを責めるだけではいけません。中には責めることで、逆ギレしてくる男性もいます。

浮気をされたことでどれだけ自分が傷ついたか、また悲しい気持ちになったのかを、しっかりと相手に伝えるようにしましょう。

気持ちを伝えた上で、今後浮気はしないように約束することです。

責めることよりも、自分の気持ちを伝えて理解してもらった方が、相手の罪悪感も倍になり、今後の浮気防止になったりとより効果的になります。

なぜ浮気をしてしまった原因を聞く

自分の気持ちを伝えることも大切ですが、相手の気持を理解してあげることも大切です。なぜ浮気をしてしまったのか、理由を聞き自分で改善できるところはしていきましょう。

浮気をされてしまったら誰でも傷つくし、苛立ちます。しかし自分の対応次第で相手も変わってくれる可能性があるのです。

相手を信じることも大切

浮気をしたことを心から反省する人もいます。

1度浮気をされたからといって、すぐに相手を見離すのではなく、信用してあげることも大切です。また、自分の旦那の性格やタイプに合わせて、浮気発覚後の対応も変えていくようにしましょう。

旦那の浮気再発を防止するために、確実な証拠を掴んでおく

二度目の浮気。二度目があるということは一度目は許したんだと思います。

しかし、ただ単に許すだけでは再発防止をすることはできません。これまでに伝えたことも大切ですが、一度目の浮気の確実な証拠を掴んでおくことも大切です。

浮気の証拠はあなたの立場を有利にしますし、何かあったときにはその証拠が大きな味方になってくれます。

浮気を許してあげるとしても、そのときの証拠だけはしっかりと掴んでおくことをおすすめします。

参考自分でもできる違法にならない浮気調査の方法