私が浮気調査を依頼して本当の自分を取り戻すまで

私が旦那と結婚したのは28歳のときでした。

自分で言うのもおこがましい話ですが、私は学生時代から恋人がいなかったことがほとんどありません。

異性に人気があったというわけではなく、私は普段から同性といるよりも男性グループの中にいた方が気が楽な性格だったので、単純に出会いの機会が多かったのだと思います。

しかし、若い時分は勘違いしやすく、恋人ができないと悩む女友達をどこか上から目線で見下していたような、生意気なところも正直ありました。

恋人は常にいるのですが、長続きしないのが私の悪いところでした。

恋はしても結婚願望というのはなく、飽きたら別れるというのを繰り返していました。

26歳のとき、気持ちが変化

漠然と、「子供を産むならそろそろ結婚をしないといけないな」と考えるようになりました。

生涯のパートナーを見つけるというよりも、出産に関して自分の年齢と体力が心配になってきたのです。

当時、付き合っていた彼氏に何気なく子供の話を持ち掛けると、突然素っ気ない態度をとるようになりました。

それからしばらくして、結局私は振られてしまいました。

さらに追い打ちをかけるようにして、私によく「恋人ができない」と相談してきたあの女友達が、あっという間に結婚をして妊娠をしました。

彼女に悪気など一切ないことは百も承知でしたが、若干見下していた相手に先を越されてしまったというのも、結果として私が結婚を焦るきっかけになったのかもしれません。

そういうわけで、私は友人の紹介で知り合った映像制作会社のプロデューサーである5歳年上の男性と、1年も付き合わずに結婚したわけです。

彼は大変忙しい人で、帰宅時間はいつもバラバラでした。遠方でのロケがあるときなどは1週間帰ってこないということも珍しくありませんでした。

それでも私は満足でした。

激務から帰宅した夫が、私を見たときに安心したような顔で甘えてくるのも、可愛く思えたものです。

ただ、子供に関して夫はあまり積極的ではありませんでした。セックスはしますが、必ず避妊をするのです。

ただ、その理由も「自分がこんなに忙しい状態では、子育てで君に負担をかけてしまう」というもので、私は純粋に優しい人だなと思っていたのです。

そんな夫の浮気を疑い始めたのは、彼がスマホを複数台持ち始めたからです。

仕事上仕方がないのかなと最初は思っていましたが、電話が鳴ると私の前から席を立つことが増えました。

その会話の内容が漏れ聞こえてきたことがあって、明らかに仕事相手ではなく、女と話しているような口調でした。

将来的には子供を産み育てようと考えていた相手なので、深刻な事態です。

しかし、調べようにも彼はほとんど家にいませんし、オフィスはありますが現場はあちこち変わるので、その日どこにいるのかも分かりません。

嘘をつかれても信じるしかないわけです。そこで探偵事務所に浮気調査を依頼することにしました。

何件かの事務所に問い合わせの電話を入れてみましたが、最初の対応が一番丁寧だったのがHAL探偵社でした。

担当者が女性だったこともあって、私の事情を説明すると心から共感してくれてたのが嬉しく、それが決め手で依頼することにしました。

私はさっそく初回相談ということで事務所に足を運びました。相談料はホームページで見たとおり無料でした。

担当者が電話に出てくれたのと同じ女性だったことも好感が持てました。彼女は改めて私の話を親身に聞いてくれた後、具体的なプランを提示してくれました。

普段どこにいるか分からない夫を調査するとなれば、遠方にいる場合にその分調査費用に経費として出張費などが上乗せされるので、料金が増してしまうということでした。

素人を相手にも親切な説明だなと感じました。

そこで、夫が確実にオフィスにいる日を特定し、まずはその日1日を調査してみるということになりました。

幸い男友達の多い私です。

私自身が問いただすと嘘をつかれるかもしれないので、友人の伝手を頼りに夫が1日オフィスにいる日を特定しました。

すぐに探偵事務所に連絡し、調査をお願いしました。調査員は1人で、調査内容は夫が退社する時間であろう17時〜23時の間で張り込み、尾行をするというものでした。

調査費用は1時間6000円で、成功報酬型の後払いということでした。

料金を支払ったのに得るものがないというような事態に陥らないのも嬉しいシステムです。

結果はなんとその1日で判明しました。

夫は売れていない若いグラビアアイドルとラブホテルに消えていました。大変なスキャンダルです。

一般的なサラリーマンの浮気とは違い、芸能プロダクションとの兼ね合いなどがあります。幸か不幸か浮気相手の女性ののプロダクションは大手でした。

ラブホテルに消えていくところと、出てきたところの証拠写真だけで充分でした。

私は夫にこの写真を週刊誌に持っていくことを伝えました。

ぐうの音も出ないとはまさにこのことです。夫は浮気を認め謝罪をしてくれましたが、私は「この先、夫を信用できない」と思い離婚を決意しました。

HAL探偵社の強みでもある、バックに優秀な弁護士がいて、紹介もできるというのも功を奏することになりました。

報告書は裁判でそのまま使えるものですし、争っても夫に勝ち目はありません。慰謝料に関してはほぼ言い値で話がついて、揉めることもありませんでした。

離婚が成立し、身綺麗になったのが30歳のときです。早い段階で浮気調査を依頼して本当に良かったと思います。

調査費用は見積もり通りの36,000円でした。慰謝料も手にした私にしてみれば、安すぎるくらいです。

女の30歳はまだまだこれからです。必ず良い人を見つけようと思います。HAL探偵社には本当に感謝しています。

HAL探偵社には本当に感謝しています。