浮気の定義は人の価値観によってそれぞれです。手が触れただけで浮気だと感じる人もいれば、肉体関係があったとしても夫婦の関係に問題がなければ浮気ではないと思う人もいます。

このように、浮気に対する考え方はそれぞれありますが、法的に定められた定義があるのです。
浮気、それは不貞行為のことを意味します。

不貞行為とは

不貞行為とは、結婚している場合に一方がパートナー以外と性的関係を結ぶことを言います。一般的に、性的関係が一時的なものかどうかは関係なく、その事実さえ立証できれば問題ありません。

ただ、不貞行為はホテルなどの密室で行われることが多く、その立証が難しいとされています。パートナーが不貞行為を認めれば問題ありませんが、通常浮気した人間はそう簡単に認めません。

そういった場合には不貞行為があった事実を立証するための証拠が必要になり、多くの場合はホテルに出入りした写真などが使われるのが一般的です。

しかし探偵でない私たちがその写真を撮るのは不可能に近く、専門家の探偵事務所に依頼をしなければなりません。

参考どこからが不貞行為なの?キスや手を繋ぐことは不貞行為になる!?

写真を手に入れるのは難しい

実は、浮気現場の写真を撮ることが非常に難しく、多くの人は失敗に終わってしまいます。考えてみれば分かることですが全国に多くの探偵会社があるということは、それだけ専門性が高いということです。それを素人が簡単にできてしまうわけがありません。

確実に証拠を掴むのであれば探偵に依頼することをおすすめします。

また知識や実績がないだけではなく、探偵事務所へ依頼をしないと違法になってしまうのです。決して独断で写真を撮ったり、尾行したりすることは絶対に辞めましょう。

参考自分でもできる違法にならない浮気調査の方法

探偵業を提出しているプロの探偵事務所であれば、しっかりと証拠を掴んでくれます。探偵事務所は、浮気調査の専門家プロです。長年の実績と経験で、旦那の確実な浮気の証拠をとってもらいましょう。

参考探偵事務所への浮気調査依頼!どこまでやってくれる!?

浮気・不倫=不貞行為=性的関係

少し話はそれましたが、浮気は不貞行為のことを指し、それは性的関係のことをいいます。人の価値観はそれぞれだとお伝えしましたが、それは法的には何の意味も持たないことを理解しておく必要があるでしょう。

感情で訴えかけることはできますが、そこには何の効力もなく、浮気を認めさせることはできません。

他の女性と会っていたとしても、性的関係の事実が立証できなければ浮気は認められません。あくまでも、性的関係があって初めて浮気になるということです。

LINEやメールで体の関係をやりとりしていたら、”不貞行為”をしていること間違いありません。その証拠をもとに、プロの探偵事務所に相談をすることを強くおすすめします。

【浮気調査.com】徹底比較!探偵事務所おすすめ人気ランキングはこちら