一般的に見て、妊娠中の家族はとても幸せそうに見えますよね。「日に日に大きくなるお腹を愛おしそうに撫でる妻と、それを優しく見守る夫。」そういう幸せなイメージがあると思います。

しかし現実では、妊娠中の妻への裏切り行為である”浮気や不倫”をしている男性がたくさんいるのです。

女性からすれば、ありえない・とても許しがたい行為です。なぜ男性は妻の妊娠中に、浮気や不倫をしてしまうのでしょうか。

男性がそのような行為に走ってしまう理由と、浮気や不倫をさせないために妻ができる対策について紹介していきたいと思います。

なぜ妻の妊娠中に浮気をしてしまうのか

離婚をする原因の中でも、特に多いのがパートナーによる浮気や不倫です。浮気をすることで相手の信頼を失い、修復が不可能になってしまうケースはよくあります。

中でも妻の妊娠中の浮気は、深刻な離婚問題になりやすいのです。なぜ離婚の原因になるとわかっているのに、浮気をしてしまうのでしょうか。

まして妻が自分の子供を、お腹の中で大切に育てている時に。と女性なら思いますよね。

出産前後の時期に浮気をしやすい理由は、5つ考えられます。

1. 妻の変化についていけない

妊娠すると、女性は我が子の成長を身体で実感していきます。身体の変化と共に、母性も生まれ始めます。

そして、母性が芽生え始めることで気持ちが1人の女性から母へと変化していくのです。

しかし多くの男性は、妻のお腹が大きくなることで子供の成長を感じることはできますが、父親としての実感がなかなか湧きづらいのです。

女性は男性に父親として変化を求めてしまいがちですが、男性はいつまでも自分のことを父親としてではなく、1人の男性として見て欲しいと思う生き物。

その結果、他の女性でその気持ちを埋めようと、浮気に走ってしまうという人が多いようです。

2. セックスレス

女性は妊娠をすることで体調や体型に変化が現れます。

体調不良により性欲がなくなってしまったり、体型の変化を旦那に見られたくないという理由から、セックスをしたくないという人もいます。

またそれだけでなく、女性ホルモンが崩れることで、一時的に性欲がダウンしやすくなってしまいます。

しかし男性は女性と違い、身体になんの変化も起きることはないので、性欲がなくなることはありません。

そこで性的欲求をはらすべく、他の女性と浮気をしてしまうというケースが多いようです。

3. 寂しさから浮気をしてしまう

男性はいつまでもたっても、自分のことをかまって欲しいと思う人が多いようです。

しかし女性は妊娠をし、母へと気持ちが変化することで我が子のことを1番に考えるようになります。そうなることで、旦那にあまり目をくれず放置しがちになってしまいます。

男性はそんなことから寂しい気持ちを抱えてしまうのです。妻が構ってくれない、寂しいといった気持ちを他の女性で埋めようとするのです。

4. 妻の情緒不安定についていけない

女性は妊娠により、女性ホルモンのバランスが大きく乱れます。女性ホルモンのバランスが崩れることで、妊娠中の女性の約8割が情緒不安定を経験。

些細なことでイライラしてしまったり、自分の感情をコントロールすることが出来ず、旦那に当たってしまうこともあるようです。

当たってしまったと思いきや、今度は涙が止まらなかったりと、自分ではホルモンのバランスをコントロールすることは出来ません。

感情をぶつけられる側の旦那は、どんどんストレスが溜まってしまいます。そんなストレスを、他の女性で発散しようと浮気をしてしまうという男性も多くいるようです。

5. プレッシャーから現実逃避

子供ができることはとても嬉しいはずなのに、どこか自分が父親になることに実感が湧かないという男性はたくさんいます。

妻や周りの人から、「もうすぐ父親になるのだから」「これからはもっとしっかりしないとね」などと言われることでプレッシャーを感じてしまうのです。

そんなプレッシャーから逃げたくなり、浮気をすることで現実逃避をしようとする人もいるようです。

【浮気調査.com】徹底比較!探偵事務所おすすめ人気ランキングはこちら

旦那が浮気をしないように妻がすべきこと

妻の妊娠中に浮気をする男性はとても許せたものではありません。しかし浮気をさせないようにするためには、妻も努力をする必要があります。

では具体的には、どの様なことをするべきなのでしょうか。ここでは、妻が旦那にできることをお伝えしたいと思います。

ストレスを溜めない

まずは自分自身がストレスを溜めないことです。妊娠中は女性ホルモンのバランスが崩れることで、感情の起伏が激しくなります。

なるべくリラックスをして過ごせるよう心がけましょう。自分に合ったストレス発散の方法を見つけるようにしましょう。

旦那とできるだけコミュニケーションをとる

妊娠による体調不良などから、旦那に対して冷たくなってしまったり、あまり構わなくなってしまう事があります。

体調が悪い場合は、きちんと旦那に言葉で伝えるようにして、今の自分の状況を理解してもらうようにしましょう。

また、体調だけでなく出産に対する不安などがあれば、素直に旦那に伝えて2人で話し合う時間を作りましょう。

自分の気持ちは言葉で伝えないと、相手には伝わりません。

言葉で伝えることで、自分の気持ちも落ち着きますし、旦那も自分は頼りにされていると思うはずです。

セクシャリティについて話し合おう

妊娠中はセックスレスになりがちです。体調や体型の変化で悩んでいる事があれば、自分の気持ちを相手に伝え、理解してもらうようにましょう。

理由を伝えずに関係を断り続けると、男性のプライドを傷つけてしまいます。今まで通りのセックスができなくても、どこまでなら許容できるかなどお互いに話し合うことも大切です。

ボディタッチを意識しよう

日頃の何気ない会話の中や、お互いがリラックスしている時など意識的にボディタッチをするようにしましょう。

体が触れ合う事でお互いの体温を感じる事ができます。距離も縮まりますし、旦那の寂しい気持ちを和らげる効果も期待できます。

夫婦間でのスキンシップはとても大切なのです。

女性らしさを忘れない

妊娠をするこで、女性は母親へと気持ちが変化していきます。

ついつい子供のことが1番になり、女性として綺麗でいようという気持ちが薄れて行きがちですが、旦那の前ではいつまでも女性らしさを忘れないでいて下さい。

体調の良いときには化粧やヘアセットをしっかりとして、旦那との2人の時間を楽しむのも良いかもしれまん。

いつまでも綺麗な奥さんでいて欲しいと思うのが男性の本音です。

ありがとうを沢山言おう

いつの時代も“感謝の気持ち”は大切です。

旦那に対し、ありがとうという言葉を沢山言うようにしましょう。毎日きちんと感謝の気持ちを伝えましょう。

あなたの心がけ次第

日々の生活の中で、これらのことを意識して旦那に接するようにしましょう。妻の心掛け次第で、旦那の妻に対する言動、行動も変わってくるはずです。

旦那の浮気を阻止しましょう。

参考旦那が最も浮気や不倫に走りやすくなる時期