最近よくテレビから聞こえる言葉「一線は超えていません」。民法上、「不貞行為」は離婚原因とすることができるものの一つと定められています。

そこから想像できるのは「一線をこえていません」とは「不貞行為はしていません」同じ意味だということです。では一線を越えていないとはどこを超えていないことをいうのでしょうか?

不貞行為とはどこからが不貞行為なのでしょうか?そんな疑問にお答えします。

不貞行為とは?

まず不貞行為とは一体何なのでしょうか?どこからが不貞行為なのでしょうか?

裁判所の判例上は「配偶者あるものが配偶者以外の異性と自由な意思に基づいて性的関係を持つこと」となっています。

要するにどちらかもしくは両方に配偶者のある男女の間で肉体的関係を持った場合のことをいうのです。ですから肉体関係を持っていない場合には男女の密会があったとしても不貞行為とはなりません。

不貞行為と不倫とは同じことを意味する場合もありますが、必ずしも一致しません。不倫に当たるかどうかの判断というのは人それぞれです。

配偶者以外の異性と食事をしたら不倫だという人もいれば、手を繋いだら不倫、キスをしたら不倫という人もいます。よってそれをされた側が許せるか許せないかというのも人それぞれということになります。

しかし離婚原因である不貞行為とはいったい何なのかといったときには、それらの行為は該当せず、肉体関係が不貞行為ということなのです。

要するに「一線を越えていません」というのは、「肉体関係はもっていません」という意味になるのです。

これって不貞行為?

不貞行為が肉体関係であるとはいっても、判断が微妙な場合もあります。

例えば、ラブホテルに一緒に入ったが性交渉はしていないといった場合はどうなのでしょうか?本来、性交渉がなかったのであれば不貞行為にはなりません。

しかし、通常男女間でラブホテルに入る意味は性交渉をするためであり、打合せ・話し合い・休憩等であればわざわざラブホテルに入る必要もないため性交渉があったことを想像されてしまい、裁判では二人で一緒に入った写真を証拠に不貞行為が認められることもあります。

次に旦那が風俗へ行って性交渉を行った場合はどうなのか?その場合でも不貞行為が認められることとなります。

風俗は、前段で紹介した判例でいうところの自由の意思に基づいて行っていることに違いはないので不貞行為となります。

では一回だけ性交渉をしてしまったという場合にはどうなるのでしょうか?一回だけとはいえども肉体関係を持ったには違いはないので不貞行為となります。

ただ裁判上は、人間一度くらいは過ちを犯すということを理由に反省を期待する意味を込めて離婚は認めない場合もあります。

セックスはしていないが口淫をしたという場合はどうでしょう?この場合にも性交渉に類似する行為として不貞行為と認められる可能性が高いです。

最後に夫婦関係が破綻していた場合にはどうなのでしょうか?その場合には不貞行為は認められません。しかし、夫婦関係が破綻とは例えば別居していたりともはや修復の兆しがない状態のことをいいます。

参考別居中の旦那の浮気。離婚時の慰謝料請求はできるのか

単に仲が悪いとか、家庭内別居状態の場合には不貞行為と認められます。

不貞行為を証明するには

どうやら旦那が浮気(不貞行為)をしているので離婚したい。そう考えたときに自分はどうしたらいいんでしょうか?

まず、旦那もその浮気の事実を認めており、二人の話合いで離婚が成立する場合には特に何もする必要はありません。

では旦那が浮気を認めずに離婚についてもごねている場合にはどうでしょうか?その場合には裁判所による調停そして裁判という手続きで離婚を請求しなければなりません。

参考調停離婚の流れとメリット・デメリット

参考裁判離婚の流れとメリット・デメリット。和解離婚という判決もあります

そして裁判所で浮気による離婚を成立させるためには、その証拠を提示しなければなりません。

証拠として有効なものはラブホテルに一緒に入る写真や、性交渉したことが書いてあるメールなどになります。

メールであれば、自分で旦那の携帯電話のメールを確認してそれを写真に撮っておくことができますが、ラブホテルに一緒に入る写真となるとなかなか自分で撮ることは難しいです。

そこでその場合には、探偵事務所に浮気調査を依頼するといいでしょう。

参考探偵事務所が法的に有効な証拠を確保してくれるって本当?

【体験談】旦那のジャケットにラブホテルのカードが・・

私の旦那は、ある日を境に仕事を理由に夜帰ってくる時間が遅くなり、休日ゴルフに出掛けることが多くなりました。

始めのうちは仕事も付き合いも忙しいんだなと思い気にしていませんでしたが、またある日、帰ってきた旦那のジャケットのポケットからラブホテルのカードが出てきたのです。

これは浮気をしてると思い、ゴルフ場に問い合わせてみたところ営業していない時間帯でもゴルフに行っているという旦那のウソが発覚しました。

こちらは毎日家事や子育てを頑張ってしているのに一体どういうことなんだと悲しい気持ちになり、涙がこぼれました。そしてそれと同時にフツフツと怒りが沸いてきました。

インターネットで浮気調査をしている探偵事務所を検索し、とある探偵事務所に旦那の浮気調査を依頼しました。

それから数日後、探偵事務所から旦那が知らない女性と一緒に写っているたくさんの写真と、事細かに書かれた調査報告書を頂きました。その時にはもうすでに涙が出ることはなく、怒りが絶頂に達しました。

後日、写真と報告書を旦那に見せましたが旦那は取り合ってくれませんでした。私は探偵事務所に離婚に強い弁護士を無料で紹介してもらい、離婚調停を申し立てることを決意しました。そして離婚請求と慰謝料請求が認められ、現在では子供と二人で快適な毎日を送っています。

参考浮気調査なら探偵事務所がおすすめで最強と言える3つの理由

浮気調査体験談が気になる方はこちらのページをご覧ください。
浮気調査の体験談~みんなこうして救われた~