パートナーの浮気を見つけるために、自分で浮気調査をしようと考える方は少なくありません。この記事に辿り着いたということは、クローンandroidで浮気の証拠を掴めないかと思っているのでしょう。

実際、クローンiPhoneと同様にクローンandroidは存在します。

しかし、iPhoneとandroidでは勝手が違うので注意が必要です。

今回は、クローンandroidが浮気調査に向いているのかをまとめてみましたので是非参考にしてみてください。

参考【クローンiPhone】誰でも作れるって本当?スマホの中身を筒抜け状態にする方法

スマホは決定的な浮気の証拠になりません!

すでにご存知の方も多いと思いますが、浮気の確実な証拠となるのは“不貞行為”です。

しかし、この証拠を素人である私たちが掴むのは並大抵のことではありません。ほぼ無理と言って良いでしょう。

また、旦那のスマホから証拠を掴もうとする行為自体に違法性があると、そもそも証拠として使用することができなくなってしまう可能性もあるのです。

浮気の証拠を掴むプロである探偵がいるのはそのためです。

口コミ

でも、初めてのことでどの探偵事務所にお願いすればいいのか分からない・・。

そんなときは、匿名・無料で相談可能な「探偵さがしのタントくん」がおすすめ!完全無料であなたにピッタリの探偵を紹介してくれて、相談は何度でも無料です。

0120-241-039【匿名・無料で相談】

※タップで通話できます。

クローンandroidとは?

クローンandroidとは、クローンiPhoneと同様、androidを複製したandroidのことを言います。

同じandroidスマホが2台あると言う感じです。

浮気の発覚パターンで特に多いのがスマホ。浮気相手とのやりとりのほとんどがスマホでされることを考えれば当たり前のことですね。

なので、そのスマホを常に手元に置いておけるということは、それだけ浮気の証拠を掴みやすくなるということです。

しかし、iPhoneと違ってandroidのクローンバージョンはすごく作りづらいのです。

【作り方】クローンandroidが作られる可能性は低い

なぜクローンiPhoneと違い、クローンandroidは作られる可能性が低いのか。それには以下の理由があります。

バックアップがカギとなる

クローンiPhoneを作る場合は、

  • iTunesがインストールされているPC
  • USBケーブル

と、何か特殊な道具を用意しなくても簡単に作れてしまいます。

しかし、クローンandroidを作る場合は、

  • バックアップアプリ

を使用しないと、データのバックアップを取る事はできません。

バックアプリを使用しないと、通話履歴やSMSの内容、写真データを見る事ができないからです。

そして何よりバックアップの手順がかなり複雑で、android端末ではかなり難しくなっています。

そのため、データバックアップ方法が複雑なのが理由でクローンandroidは作りにくくなっているのです。

初心者には敷居が高く、使う事はあまりおすすめしません。

【危険】クローンandroidでの浮気調査は罪になることも・・

パートナーの浮気をしている証拠を立証するためには、通話履歴やSNSやLINEトークだけでは確実な証拠となりません。

1番重要なのは、不貞行為の証拠となります。

またクローンandroidで浮気の証拠を掴む場合、危険行為になることを覚えておきましょう。

  • 不正アクセス禁止法
  • プライバシーの侵害
  • 不正行為で集めても浮気の証拠として認められない

逆にパートナーから罪に問われる可能性がありとても危険です。

その場合、損害賠償請求をされてしまうと慰謝料よりも多額になってしまいます。

いかに賢く浮気の証拠を掴めばよいのか。

それは、浮気調査には専門のプロ”探偵事務所”に依頼をすることがベストな方法です。

参考浮気で悩み続けるのは時間の無駄!すぐプロに相談しよう

浮気の証拠はプロの探偵事務所に依頼がおすすめ

プロの探偵事務所は、確かな知識・実績・経験を積み重ねているプロフェッショナルです。

パートナーの浮気の証拠を掴んでも、離婚をするためなのか、夫婦関係を修復するためなのか、慰謝料を請求するためなのか、人によってそれぞれ思いが違います。

安易に行動し、自分を危険をおかす必要はありません。

無理してまでクローンandroidを作らず、プロの探偵事務所に依頼をすることが得策です。

浮気は決して許される行為ではありません。相手にそれなりの罰は必要です。

プロの探偵事務所では、無料で相談にのってくれるだけでなく、的確なアドバイスも貰えます。

まずは優良な探偵事務所に相談することから始めてみましょう。