浮気調査をお願いする探偵ですが、弁護士と同様でお世話になる機会なんてほとんどありません。

おそらく、一生に一度あるかないかでしょう。

そんな探偵についてですが、平成19年6月1日に「探偵業法」なるものが施行されました。

探偵業法とは、正式には「探偵業の業務の適正化に関する法律」のことを言います。

ですので、探偵業を始める場合には、都道府県の公安委員会(代行業者も届け出を出しているところ)に届出をしないといけません。

これは私たち利用者を悪徳探偵業者から保護するためでもあります。

悪徳探偵業者にあたってしまった場合、無駄なお金を支払わされたり、犯罪に加担してしまう恐れがあるんです。

それでは、浮気調査などを探偵に依頼した場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

浮気調査を探偵に依頼するメリット

探偵事務所に浮気調査を依頼する時のメリットをまず紹介していきます。

離婚を有利に進めてくれる

もちろん100%ではないのですが、決定的な証拠を取ってきてくれます。

「浮気(不貞行為ともいいます)」の証拠があれば「慰謝料請求」ができ離婚時に優位に立てます。特に裁判に発展した時、浮気証拠の画像(写真)や録音など決定的な証拠にとなるのです。

そして浮気(不貞行為)があった事を証明してくれる文書、報告書は裁判に使えます。こちらは探偵が作成してくれますので安心してください。

探偵を雇うことは「合法」

ザックリ言うと「探偵業法」に基づいている探偵であれば「尾行」「張り込み」「聞き込み」などはできるはずです。

素人である私たちが無理に尾行やGPSをつけたりすると「違法」になり逆に訴えられる可能性があります。

なのでそういった行動はとても危険なので友人に協力してもらったりすることをオススメします。一人で行動することは決して辞めておきましょう。

参考自分でもできる違法にならない浮気調査の方法

探偵ができる調査

ここで、探偵ができる調査とできない調査をまとめておきます。
※依頼した探偵からの話を含めます

ではまず、探偵ができる調査から紹介していきます。

浮気調査

相手に浮気の疑いがある時、事実を確認する為、張り込みや尾行をする調査です

婚姻調査

資産、健康状態、交友関係、婚約者や家族の評判などを調べます

盗聴器発見調査

家の中の盗聴器を発見してくれます(こちらの場合は探偵じゃなくてもできます)

人探し(家出も含む)

家出人や行方不明者、生き別れの家族、思い出の人や友人を調査します

身辺、素行(普段の行動)調査

相手が日頃どのように生活しているか、聞き込みや尾行で調べ調査します

いじめ調査

職場や学校でのいじめの実態を調査します

嫌がらせ調査

職場や近隣でのトラブルで嫌がらせを止めさせるための調査をします

ストーカー調査

元恋人、元夫(元嫁)、友人、正体不明の人物による付きまといや嫌がらせなどストーカー行為を止めさせます

企業の信用調査

手形割引、金銭の貸付などの取引をするときに、取引先の弁済能力(返済能力)を判断するために営業状態や資産状態を調査します

探偵ができない調査

探偵はなんでも調査をしてくれるわけではありません。何でもするような探偵事務所は辞めましょう。それは探偵としてのポリシーがなく、目先のお金に走っている危険な探偵事務所です。次に探偵ができない調査を紹介していきます。

対象者(浮気してる人の相手も含める)にGPSを仕掛けて行き先を止める

プライバシーの侵害となり、これは違法行為にあたります

他人の敷地内に無断で侵入し調査をする

住居侵入罪になります。敷地内に入るだけでも違法行為になります。

別れさせ工作

浮気相手と別れさせたい、一方的に浮気の証拠を作り、依頼者に有利な離婚をさせることです。肉体関係を持つなど明らかに「公序良俗に反する行為」は違法になります。

(好きでもないのにあたかも好きであるかのように振る舞って本来自由であるべき対象者の恋愛感情をもてあそんだり、肉体関係をもつ行為の事)

「公序良俗違反」とは

  1. 人倫に反する行為(例:既婚者との婚約)
  2. 正義の観念に反する行為(例:賭博行為)
  3. 個人の自由を極度に制限する行為(例:芸娼妓契約)
  4. 暴利行為(例:過度の違約金

これらの内容は、時代の変化に応じて刻々と変わってきています。

復縁工作

脅迫・暴行・詐欺などを行わせると違法になります。(だたし仲介方法によるけれども、説得などで復縁を支援するのは合法です。)

復讐工作

こちらも当然違法調査になります。最悪の場合、懲役刑にもなります。

DV目的など、犯罪行為に利用される人探し(ストーカー行為を目的とした調査など)

同法第9条には、調査結果が犯罪行為、違法な差別的取扱い、その他の違法な行為のために使用されることを知ったときは、探偵業務を行ってはならないと定められています。

プロの探偵、腕のいい探偵ならこういったことや規制もクリアした上で精度の高い調査をしてくれます。探偵業の届け出をしっかり出して、一切の違法行為を行っていないのであれば何も問題はありません。

「探偵業法」の届け出をしてるのか(届出番号や業界団体のことが記載されているか)確認しましょう。

探偵に依頼するデメリット

次に探偵に依頼するデメリットを紹介していきます。

とにかくお金がかかる

まずはやはりどれくらいお金がかかるのか1番きになりますよね。

弁護士と同様で探偵によっても費用は違います。探偵の場合はかなりピンキリで、探偵の平均的な相場料金は1日基本料金込みで8万円~12万円の間ですが探偵事務所によってバラバラです。

(料金相場は「日本調査業協会」という機関でアンケート形式で料金の平均額等を元に計算し値を出してます)

参考探偵事務所に浮気調査を依頼する費用・相場は?

調査が時には失敗することも・・・

調査を依頼しても100%証拠がとれるわけでもありません。プロでも時には失敗することもあります。ただその場合料金はどうなるのか、どういった保証をしてくれるのか、きちんと事前に説明してくれます。

きちんとした探偵会社は事細かく、事前にすべてを説明してくれる探偵事務所を選びましょう。

参考失敗しない、したくない!浮気調査依頼での探偵事務所の選び方

浮気調査を探偵に依頼するのであれば、自分で調査するよりもはるかに調査精度が高まります。そしていい探偵社であればちゃんとした見積もりを提示してくれるので信頼しても大丈夫です。

他には過去の実績などを示してくれるかも大切になります。

信頼できる友人や知人がいたら紹介してもらってもいいと思いますが、インターネットで調べて活用することもおすすめです。

探偵・興信所検索サイトなどがありますのでこれらを利用して、評判が良い探偵を探してみることもおすすめです。

弁護士と探偵と提携してる所もあります。

参考旦那の浮気問題は、探偵社に相談するのが賢い選択!

探偵に浮気調査を依頼するときに「浮気の証拠を押さえたい」「真実を知りたい」という理由がほとんどだと思います。

ですが実際に浮気の証拠写真を見たりして真実を目のあたりにすることはとても辛い事でもあります。

精神的にもダメージが強いと思うので、もしこれから浮気調査を依頼しようと思ってる方は、どんな真実でも受け入れられるかを今一度自分の気持ちを確認しましょう。

また浮気の証拠を見た瞬間に悲しみや怒りがこみ上げてくる人もいると思います。

しかし、せっかく安くはない費用を支払って証拠を手に入れたのですから感情的にならず、すぐにパートナーに証拠をたたきつけたりはしないようにしてください。

それでは高い費用を支払って探偵を雇った意味もなくなってしまいます。

まずは探偵に依頼する前に調査結果をどのような解決策を選びたいのかをしっかり考えてから行いましょう。

参考浮気調査の目的は・・?離婚?それとも復縁?

そこで実際探偵をしてる方に探偵から見るいい探偵の選び方、見極め方を聞いてきました( ゚Д゚)!

探偵から見る良い探偵の8つの条件

1.服装と身だしなみをきちんとしているか

テレビドラマなどでよく見るボサボサの髪だったり清潔感のない服装や身なりをしてる探偵は辞めた方がいいと言っていました。

どちらかと言うとわたしはそっちのイメージの方が強かったのでびっくりしました(笑)ちなみにお話した探偵は服装と身なりはしっかりしています。

2.私立探偵かどうか

探偵より私立探偵の方が、経験、知識、あらゆることを熟知している探偵のことです。

元警察官だった探偵がいれば警察で経験した事が活躍する機会がたくさんあると教えてくれました。

3.料金の提示

よくない探偵だと事後報告をして料金を追加することが多いとのこと。

いい探偵だと、どのくらいの予算なのか、料金がこれだけかかりますなど(追加で料金が発生する場合も含める)事後報告せずに事前にきちんと説明をしてくれる探偵だと良いと言っていました。

目先のお金に走る探偵もいるとの事なので残念ですね・・・。

大体の探偵事務所基本相談料は無料とのことです(気になる方は連絡とるのが1番よいです)

4.ホームページなどで会社の所在地、探偵業者の教会、または団体などを公開しているか

名称、探偵業届出番号、代表者、所在地、連絡先、料金の表示をしてる探偵社を見ることです。

どれも記載されていない探偵社は辞めた方がいいです。

5.契約する際の書類の提示があるか

「契約事項説明書」「重要事項説明書」「調査費用の明細および承認書」「契約書及び調査依頼書」「契約書(依頼人用と探偵用)」

探偵社によってこれが6枚くらいある探偵社もあるそうですが基本この5枚の書類が揃っているか確認するといいです。

ここに頂いた書類を載せる※準備中

6.近くの探偵

弁護士と同様でなるべく自分で通える範囲の探偵社の方がいいと言っていました。

7.細かく、まめに連絡をしてくれる探偵

しっかりと連絡をしてくれる探偵は良い探偵です。よくない探偵だと1週間以上連絡をしてこないこともあるとのことでした。

けして安くはない料金なのでしっかりと連絡をとってくれると安心しますね。

そして相手の行動を依頼人が多少わかっていたりすると、行動する時間が短縮されるので時間とお金があまりかからなく料金が安くなることがあります。

こういった細かい事もお互いに連絡とりあえば早めに証拠を掴むことも可能になります。しっかりとお互い連絡とれるのが1番ですね!

参考探偵事務所への浮気調査依頼を安くすませたい!その方法とは?

8.話にのってくれるか

不安な事があり探偵に依頼をするので依頼人の話を親身に真剣に聞いてくれる探偵は安心できます。

もちろん探偵と依頼人との相互理解がとても大切です。


そしてなによりも「探偵としてポリシー」があるかです!(ここもとっても重要です!)

探偵をしてきた方は経験や知識対応力私たち一般人とはかけ離れています。安易に一人で勝手に行動するとトラブルになる事が必ずあります。

違法行為をしっかり熟知しているので違法行為になるような事はしません。

なのでそれを理解し経験し、しっかりと探偵をしてくれますのでその道のプロにお任せしましょう。

そして依頼人は相手の行動範囲を事前に調べておくと、時間と費用が確実に抑えられます。(探偵ではなく自分で出来ること(この日がいつも怪しいなど調べる事)は無理せずして探偵に連絡をしましょう)

真実を知って仲をやり直したいのか、それとも離婚をしたいのか、慰謝料を請求したいのかなど、探偵としっかりと相談し話し合いながら事前に決めておきましょう。

参考旦那の浮気で悩んでいませんか?