結論から言うと、特定の職業だからという理由で調査費用が安くなることはありません。

しっかりとした優良な探偵事務所の場合、ホームページなどに明確な料金の記載があり、それにのっとって費用の計算を行います。

なので、職業自体は費用に関係がないのです。

しかし、職業によって調査日数が短く済むことがあり、それによって費用が安くなるケースがあります。

生活サイクルが一定の職業

公務員など生活サイクルが一定の職業の場合、旦那の行動パターンを把握しやすいというメリットがあります。

探偵事務所に相談をするとまず言われるのが「事前調査」についてです。

事前調査を行う目的は証拠を掴むためではありません。短い調査期間で確実な証拠を掴むために行います。

ピンポイントで調査を行うことで日数が抑えられ、費用も安くなるのです。

そういった意味において、生活サイクルが一定の職業が調査ターゲットの場合には費用を抑えられる可能性があります。

事前調査の注意点

先ほど「事前調査の目的は短い期間で確実な証拠を掴むため」とお伝えしましたが、ここでは行き過ぎた調査を行わないよう注意してください。

尾行などを行い、それがバレるとその後の調査においてマイナスにしかなりません。

旦那の警戒心が強まり、探偵事務所に依頼した際の調査が苦戦を強いられる可能性が高まるのです。その結果、調査日数が長くなり費用も高まることにも繋がります。

費用を抑える努力はできる

特定の職業だからと言って安くなることはありませんが、費用を抑える努力は可能です。

無理のない範囲で事前調査を行い、浮気調査のプロである探偵事務所へ依頼しましょう。

参考浮気調査の依頼費用を安くする方法